【受験生】ぼくの偏差値を70にした一日の勉強スケジュール

追記について

7月16日:筆者の経験も交えた約5000文字の記事に書き換えました。

 

ぼくは頭がとても悪かった。

 

riku
be動詞? なにそれ?

というレベル。

 

高校2年生3月、公務員志望だったぼくは、公務員試験に向け、勉強していました。

 

しかし、あるとき

riku
このまま公務員目指していいのか…。?
riku
就職できたとしても一生公務員という枠に縛られるんちゃうんかな。

ぼくの直感がそう言っていた。

 

高校3年生の4月にぼくは【大学進学】という道を選び、これまでしてきた勉強を捨て、全てを切り替えたのです。

 

4月時のぼくの偏差値(国・英・社)は34。周りからみれば絶望的である。

riku
ただがむしゃらに参考書に向かっても周りに追いつけねぇわ。
riku
バカはバカなりに、しっかり作戦を立てて勉強しなければいけんな。

と思い、一日の勉強・行動スケジュールを徹底しました。

 

この記事では、アホなりに考えぬいた、ぼくの勉強スケジュールをシェアします。

 

前提条件として、この勉強スケジュールで1年過ごしたぼくは、偏差値が34から70まで上がりました。

大事なのは偏差値ではないのですが参考にどうぞ。

お断り

この勉強スケジュールは誰もがやるべきとは言いません。

賢くなりたい、と僕が真剣に考え抜いた結果の産物です。

1週間ほど、このスケジュールがあなたの体に合うか試してみてください。

SPONSORED LINK

4時起床、22時就寝を徹底した毎日

riku
夜遅くまで勉強するのはダメだな

夜は1日の疲れで眠くなるし、次の日に影響がでてしまう。

徹夜しても、その日限りで忘れる、というのも経験からわかっていました。

眠気は勉強の最大の敵。いくら勉強時間を確保できても、集中できていなければ意味がないので、睡眠時間を削って勉強することだけは、できるだけしないようにしていました。
東京理科大 薬学部 S・Y先輩
引用元:データでわかる難関大合格者の9月の勉強時間と睡眠時間 Benesse

riku
朝に勉強するということは、睡眠の質を高めて、毎日しっかり疲れを取らないとな…。

睡眠のゴールデンタイムは「22時から2時」と言われていますが、ネット上に

「22時から2時が睡眠のゴールデンタイムというのは間違いだ。」

という記事が多く、いろいろ困惑しましたが、

riku
とりあえず1週間、22時に寝て4時に起きてみよう

 

「とりあえず、やってみよう」という考えで試してみました。

 

幸運にも同時期にYouTubeでこの動画も見つけ、

riku
東大生もやってたんなら、少しはやってみる価値はあるかも

と自分のスケジュールと同じことをしていた東大生がいるとわかり、安心しました。

 

試してみたら、超朝型のスケジュールは僕に合っていた

朝の勉強が驚くほど捗る。

 

受験生期の1年間ぼくが過ごしたスケジュールを表にしてみました。

4時起床
4時半~7時メイン勉強
8時~16時学校で勉強
17時~20時ご飯まで勉強
20時~21時ご飯+お風呂
21時~22時復習
22時就寝

この記事ではこのスケジュール内で、どのように過ごしていたか詳しく書いています。

 

その前に、勉強の前提条件についてお話します。

就寝前に1日の振り返りと、次の日の勉強範囲を決める

寝る前にしていたこと
  1. 今日1日どのような内容を勉強したか
  2. 明日は(だいたい)どこからどこまで勉強するか

この2つを毎日しっかり確認しましょう。常にトライ・アンド・エラー。

 

頭で考えるだけでなく、しっかりノートに書くこともオススメします。

文字にして目に見えるようにすると、思考がクリアになります。

 

”復習”ほど勉強に必要なものはない

僕が受験生の間、一貫して『復習』を最重要視していました。

 

記憶について『エビングハウスの忘却曲線』というものがあります。

この実験からわかることは2つ

  1. 記憶直後が最も忘れやすい(ど忘れと同義かも)
  2. 最初に忘れた後の忘却は緩やか

 

でも、復習を定期的に挟むと、

人間が忘れることは当たり前。なら、

riku
ちょっと忘れたときに復習すれば、イヤでも覚えれるっしょ。

実験データにもあるように、復習を定期的にすることによって自然と定着していきます。

 

複数回、きちんと復習することで、簡単には忘れない長期記憶になります。

長く覚えていられる記憶のことを「長期記憶」と呼んでいます。脳の保管庫に格納された状態です。パソコンでいえば、ハードディスクに記録された状態に当たります。
引用元:記憶の種類には何がある? | 勉強方法と試験対策のコツ

受験勉強にこれを使わない手はないですよね。

 

僕の場合、勉強した内容を

  1. 勉強した日の夜
  2. 翌日
  3. 3日後
  4. 7日語
  5. 14日後

と合計5回復習。

 

勉強内容を書いているノートを見返して、復習していました。

 

予定していた通りに勉強が進まなかった…ということは誰でもある。

どんなスケジュールを組んでも、予定通りできなかった日は誰にでもあります。

できなかったからといって、自分を責めない。

 

責める前に、何が原因かよく考えましょう。

  • 休憩を取りすぎた。
  • 根本的に決めた「やるべきリスト」の量が多すぎた。

 

改善点を見つけ、次から変えていけばいいんですよ。

riku
なんでもトライアンドエラーじゃ。

 

ここまでのまとめ
  1. バカはバカなりに作戦を立てる
  2. 寝不足になるぐらい、夜遅くまで勉強するのは論外
  3. メインの勉強は朝にする
  4. 毎日しっかり振り返る
  5. ”復習”こそ受験勉強で最も重要
  6. トライ・アンド・エラーで改善を重ねる
  7. とりあえず、試してみる

「朝型スケジュールで勉強したい」

という方は、このページをブックマーク等でメモすることをオススメします。

 

ではここからは、1日のスケジュール内の具体的な勉強内容や、やっていたことを紹介します。

一番集中できる”午前”

4:00:起床

布団を蹴り上げ、無理やり体を動かし目覚める。

 

起床後、歯磨きなどをしている間、『白湯』を作っていました。(寝る前も同様)

白湯を飲むことによって、お腹も温められ目覚めにはちょうどいいです。

白湯の作り方を知りたいならこちら

 

少しストレッチもして、勉強を始めます。

 

4:00~7:00:過去問など重めの勉強後、復習を全力でする

早朝は『集中力のゴールデンタイム』でもあるので、過去問など重めのモノを。

 

少しでも早く終われば、復習を開始します。

riku
よく考えたら、新しいことを学ぶより、復習ばっかりやっていたな~

 

7:00~7:30:学校の準備など日常雑務

  • 朝食を食べる
  • 着替える

などですね。

 

ちょっと頑張って英字新聞とか読んでいたときもありましたが、続きませんでした。笑

riku
ちょっとカッコつけてみたかった。

 

7:30~8:00:登校のため自転車を漕ぐ

僕が通っていた学校は自転車で30分ほどでした。

 

単語帳も開けないので、不意に思いついた日本語を英語にできるか、自己チェックしていました。

riku
なんだっけ?

と思い出せないものは

  • 信号待ちのときに携帯で調べる
  • 頑張って覚えておいて学校についたら調べる

ということをしていました。

 

気になったらすぐ調べる、という習慣をつけることをオススメします。

「あとで調べよっと」

と思ってはだめです。

 

riku
『あとで』なんか一生きません。『今』しかないですよ

 

8:00~8:45:授業が始まるまで自由な時間

友達と話したりしてゆっくりしていました。

 

学校にいるときの

  • 朝の授業始まるまでの時間
  • 昼休み含む休憩時間
  • 体育の時間

以外は、ずっと勉強していました。

 

逆に休憩時間はくつろぐ。昼休みは仮眠を取ることも時々。

 

やるときはやる。やらないときはやらない。

riku
切り替えが大事

勉強内容は、朝に続き『復習』

 

8:45~12:45:学校の授業は一切聞かないで自分の勉強をする

riku
本当に先生方には、申し訳ないと思ってます

進学校ではなかったので、授業はあまり聞く意味がないと判断しました。

進学校なら、授業で過去問を取り扱ったりすると思うので、きちんと聞いておきましょう。

 

ぼくの場合、自分の勉強に集中しすぎて

riku
今、何の授業してるの?

という感じになっていました。

 

先生に「話を聞け」と怒られるまえに、ぼくは自ら

riku
真剣に大学目指してるんで、わがままで申し訳ないですが、邪魔しないでくれるとありがたいです

と、担当教師全員と伝えたんですよね。

真剣度が伝わったのか、先生方が協力的になってくれました。

 

さらに、教室が動物園レベルで騒がしいときは、耳栓をしていました。

 

教室内で自分が勉強しやすい環境は自分で作りましょう。

自分でできる改善策は

  • 席替えのときに一番前に端っこにいく
  • 耳栓を持参する

など。

 

riku
周りは自分のためには何も変わってくれませんよ

ぼくが使っている耳栓はこちら。

疲れが出始め、集中力が落ちる午後

12:45~13:30:学校内の唯一の休憩時間(昼休み)

友達や仲の良い先生と話したり、図書室に行くなど休憩を全力で楽しんでいました。

 

早朝から勉強しているため、経験上お昼過ぎあたりから、眠くなってきます。

 

なので、昼寝をしていることもよくありました。といっても15分ほど。

riku
寝すぎると頭がボーっとしちゃうしね。

 

13:30~15:20:授業(午前同様で自分の勉強)

自分の勉強をすることは、変わりません。

ただし、午前よりは簡単な勉強をしていました。

単語帳や、さくっとできる問題集など。

 

理由としては以下のとおり。

  • お昼ごはんを食べたあとで、眠気がくる
  • 朝早く起きているため疲れ始める

 

15:20~16:00:学校が終わり、すぐに帰宅

ここで僕から一つアドバイス。

riku
居残りは絶対するな

 

ダラダラ残ってもあなたの勉強は進みません。

 

本当に賢くなりたいなら、自分の勉強の効率だけを考えましょう。

 

16:00~16:20:夜の勉強に備えて少し睡眠

寝る場所について

布団ではなく、すぐ起きられる場所で寝るのがポイント。

僕は、カーペットの上で枕を使って寝ていました。

20分以上の睡眠は脳も休んでしまうため厳禁

 

16:20~18:00:晩御飯まで勉強

睡眠のおかげで頭がスッキリしているので、少し重めの勉強。

 

たまに、頑張って過去問を解いたり。

riku
この時間しっかりした後のご飯は美味しいですよ~

 

18:00~20:00:晩御飯+お風呂などのフリータイム

趣味に使う時間。

 

ずっと勉強するのもいいですが、息抜きもないと集中力は続かないですからね。

riku
やるときはしっかり集中して、やらないときはしっかり休もう

 

メリハリが大事。

 

20:00~22:00:最も重要な復習時間と翌日の勉強内容の決定

就寝時間までに、その日学んだ内容の復習

 

寝る前にも白湯を飲んでいました。

 

そして、一日の振り返りをします。

  • リストアップした勉強量は適切だったか ➔ 多すぎたなら少し減らし、少なければ増やす
  • ちゃんと勉強集中できたか ➔ できていなかった場合、原因を探す。

 

振り返りが終われば、翌日の勉強内容をリストアップ

riku
ここまで出来た者から寝てよし!!

 

22:00~4:00:一日が終わりようやく睡眠

次の日に備えてぐっすり寝ましょう。

ぼくはアラームアプリとして「Sleep Cycle」を使用。

睡眠の質を高めるためにアイマスクもつけて寝ていました。

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ
Sleep Cycle alarm clock – 睡眠アプリ
開発元:Northcube AB
無料
posted with アプリーチ

おわりに

ここまで読んだくれた方なら、気づいたと思います。

 

ぼくは、時間管理を徹底していました。

 

独学でやると、自分自信で環境を厳しくするしかないんですよね。

riku
勉強の進み具合は全て自分次第だよ

 

 

「22:00就寝」という目的のために、逆算して物事を進めていくいイメージ。

 

朝型生活は最初は大変ですが、慣れてくると知識が自然と増えてくる実感が湧いてきます。

さらに、生活習慣がいいから体調が整う。

 

受験生全員がこの生活スタイルに合うことはないと思いますが

riku
騙される気持ちでしてほしい

 

おわりっ!!!

 

この記事を読んだ受験生の結果が、よくなりますように。

 

おまけ(朝型生活した者だけが見れる朝日)

 

追記:勉強時間がすべてじゃない

ここまで1日でどれだけ勉強にあてていたか、書いてきましたが、本当に大事なことは勉強時間じゃないってことを忘れないでください。

 

勉強はやらないと意味ない。けど、ひたすらやればいいってことでもありません。

 

自分の進み具合や勉強の方向性を、こまめにチェックしつつやっていく。

トライ・アンド・エラーの精神が大事なんです。

SPONSORED LINK