大学生は忙しいからやることよりも「やらないこと」を決めるべき

どうも、大学生ブロガーのりっくんです(@dscrx100love

 

ぼくはよく1年のはじめに、「今年のやることリスト」を作っています。

  • ランニングする
  • 筋トレする
  • ブログ書く

けど、リストは作るのにいつもなかなか実現しないんですよね。

それは「やらないこと」を決めていないからなんです。

 

この記事では、「やりたいのにできない…」と悩んでいる大学生向けに、「やらないことを決める大切さ」について書いています。

 

みんな「忙しい」からやりたいことはできない

「あー、ひまだなー」って思うことありますよね。

「ないよ!」ってひとはこの記事を見る必要はありません。

さっと戻っていつも通りやりたいことをしましょう。

 

「ひまだな」って思っているのに、結果的にはやりたいことができない。

そんな悩みの原因は、ずばり「暇な時間を自ら無意識に忙しくしている」です。

 

暇だなって思った数分後なにしてますか?

  • YouTube
  • テレビ
  • ゲーム

暇=時間つぶしみたいな習慣があると、やりたいことはできません。

時間つぶしの方法がたくさんある中で、「今年は筋トレやるぞー!」って決めても続きませんよね。

毎日ひまな時間が「ないから」

 

やることを増やすんじゃなくて、「やらないこと」を増やす

悲しくも1日は24時間は回ってます。

誰も27時間や48時間を1日にすることはできません。

だから、1日のうちで「これはやらない!」というのを決める。

いつも無意識に時間を使っている行動をなくしてあげると、「空白の時間」がぽっかりできます。

その空いた時間にやりたいことを優先的にする。

 

2018年のぼくがやらないことの例をだすと、以下の2つです。

  1. 他人の時間を生きない
  2. YouTubeをみない

 

やらないこと① 他人の時間を生きない

心から行きたいと思う誘い以外は行かない。

乗り気じゃないのに行くと、自分が我慢しないといけないし、そんな空気にいるのは嫌だ。

もっとシンプルにいうと「他人に合わせない」

自分の人生だから、もっと自分のために生きていいはず。

 

やらないこと② YouTubeをみない

見始めるとなかなか止まらないYouTube…。

登録チャンネルも4つに減らして、みないようにします。(音楽関係は聞く)

 

ちなみにこの流れで、部屋からテレビもなくしました。

垂れ流していると集中力が奪われるし、時間もなくなっちゃうからね…。

 

YouTubeもテレビもいえることは、動画コンテンツ(メディアコンテンツ)は、時間をものすごく奪う…。

ダイソンの掃除機かのようにグングン吸っちゃいます。

だから、動画コンテンツからは少し離れます。

もっと自分の時間を…!!

 

まとめ「まず『やること』よりも『やらないこと』を決めよう

やることを増やしても、時間が足りなくてどこかボロがでてくる。

水が満タンに入ったバケツに水を注いでも、水は溢れるだけ。

先にバケツの中の水を半分ぐらいにして、新しい水を入れてあげないといけない。

 

暇つぶしのツールがたくさんある中で、自ら「やらないことをきめる」「やめる」というのは、今後必要な勇気だと感じています。

あなたの今後「やらないこと」はなんですか?

ツイートなどして宣言するのもいいかもしれませんよ!

 

ではっ!!

▶▶▶ こちらも合わせてどうぞ ◀◀◀

  1. 最近、読書していますか? ▶ 超絶便利なKindle。4000円引きクーポン付き
  2. これで偏差値70になりました ▶ 最強勉強スケジュールの組み方
  3. ブロガー必読! ▶ ブロガーが読むべき厳選3冊

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼

▼ 関連コンテンツ ▼