【たった3冊】受験生におすすめの英語参考書と単語帳を厳選!センター対策も可能

りっくん
りっくん
どうも、りっくんです。

高校生のときに、独学で偏差値を70まで上げたことがあります。

そんなぼくが使っていた参考書や英単語帳を厳選していきます。

 

「受験勉強でどれを使ったらいいのかわからない」と悩んでいるあなたに届けば嬉しいです。

英単語帳と英文法は1冊ずつ買って使い込みましょう。何冊も買うのは意味がありません

1.英単語帳「DUO3.0」

英単語はひたすらDUOデュオだけ使っていました。

ただ単語を並べているのではなく、560の例文で解説されています。

 

単語を覚えつつ、単語の使い方も覚えられるので効率が非常に良い。

 

実際にDUOだけを使って、同志社大学や京大に行った知り合いもいるので、可能性は無限大に秘めているといってもいいでしょう。

りっくん
りっくん
有名なものであれば「TARGET」もあるけど、収録語数が少ないのでDUOのほうがオススメ

2.英文法「FOREST」

英文法はFORESTフォレストのみです。

 

受験生の4月、「Be動詞」すらわかっていなかった僕はひたすらFORESTを読み、文法を理解していました。

 

ほかにも様々な英文法や単語帳があると思いますが、そこはぶっちゃけ好みだと思います。

ぼく自身、本屋さんで何冊もみた結果、FORESTとDUOを選びました。

りっくん
りっくん
英文法がわからないと英語ははじまんないからね

3.問題集「英文法ファイナル問題集」

問題集でいえば英文法ファイナル問題集を使っていました。

 

問題集はこの何冊か手をつけたのですが総合的にみて、網羅的かつ最も使いやすい1冊です。

細かい英文法をついた問題が多いので、センター対策としてもぴったりです。

 

もう1冊使っていたのを紹介するなら「大学入試英語頻出問題総演習」ですね。

上の1冊を完全に理解してから買うことをオススメします。同時にやるのは効率が悪いですら。

りっくん
りっくん
問題集は「自分が答えられない問題を探すためにある」ということを忘れないようにしよう

単語や英文法をやりつつ、過去問を解きまくろう

受験での英語は以下の3点が大事です。

  1. 単語を覚える(暗記力)
  2. 英文法を理解する(理解力)
  3. 読解力を身につける(読解力)

単語や英文法は極端にいえば覚えたらいい話なので、「読解力」を身につけることを意識してみましょう。

 

読解力を身につけるのに最適な参考書は「過去問」ですね。

受験する大学の過去問を解きまくりましょう。

 

「もっと勉強してから解いたほうがいいのでは」と思うかもしれませんが、気にせず解きましょう。

最初は間違いばかりかもしれませんが、間違いを復習し、1週間後にリベンジすると少しずつ解けるようになっていきます。

 

過去問は「自分の立ち位置」と「進むべき方向性」を教えてくれるものなので、活用しない手はないです。

 

Amazonで「◯◯大学」と検索すると買えるはずなので今すぐ手にいれておきましょう。

 

まとめ「単語暗記×英文法理解×読解力=受験対策」

以下が受験生にまず使ってみてほしい「英語参考書」でした。

 

そして、受験生が身につけるべき英語力は以下の3点でしたね。

  1. 暗記力
  2. 理解力
  3. 読解力

それぞれを鍛えるのに、必要なのが単語帳や英文法書、問題集ということです。

 

「まだ何も揃えてない」というあなたは、できるだけ早く購入して受験体勢にしておきましょう。

りっくん
りっくん
では、あなたが受験でいい結果をだせますように

よく読まれている「人気記事」はこちら