月間4万PVの大学生ブロガー『りっくん』のプロフィール

『行動しない=無価値』

はじめまして、大学生ブロガーの「りっくん」です!

 

初めに「行動しない=無価値」と書きました。

これはぼくがブログをはじめてから、ずっと一貫して持っている考えです。

  • 『行動力しない=無価値』
  • 『ぼく』

の2つについて、サクッと書きましたので、サラッと読んでってくださいな!

月間4万PVのブログを運営している19歳大学生

このブログ『KURILOG』は、月間4万PV、つまり月に4万回も見られているサイトです。

記事を書いているのは、リクこと國房璃玖です。「くにふさ りく」と読みます。ムズカシイってよく言われます。笑

京都のとある大学に通いながら、『行動』で経験したことや考えを、大学生の視点から記事を書いています。

  • 人生はじめての告白について
  • 同級生の友達がギックリ腰になった話
  • ヒッチハイクで約400Kmの旅レポート

など、学生っぽい記事がたくさんあります。

 

プロフィールということで、記事の話はここまでにして。

ぼくがブログをはじめるキッカケについて書いていきますね。

 

『影響を与える』ことが好きだった小学校・中学校

 

小学校・中学校では、狂うぐらいゲームにハマっていました。

たぶん、1日の7割はゲームに使っていたんじゃないかな…。

自分ひとりで楽しむこともできましたが、「みんなにも楽しさをしってほしい」という思いから、友達に「これイイよ!」と何度もオススメしていました。

  • 毎日そのゲームについて、面白かった話をする
  • 実際にプレイしているところを見せる
  • 友達に遊ばせてみる
  • 飽きない理由(ハマるポイント)を説明する
  • ひたすら「たのしい」ということを伝える

など、小学生の割には、かなり考えて友達に「このゲーム楽しいよ!」プレゼンしていました。笑

すると、ぼくがオススメしたものは自然とみんな持っているようになり、ぼく1人で遊んでいた『流行っていないゲーム』が『流行っているゲーム』に昇格。

当時のことを友達に聞くと「りくが遊んでるのが楽しそうだったから買っちゃった」という声がほとんどというぐらい。笑

 

『楽しさの共有』を追求した結果、ぼくは流行らせることにハマる。

というより、人に影響を与えるのが大好き。

この『影響を与える楽しさ』を小学生のときに知ったおかげで、ブログも楽しく続けられています。

 

高校受験を失敗し、堕落した毎日を過ごす

公立高校の受験日、運悪くも体調を崩し、ほとんど回答を書けませんでした。

結果は「不合格」。そして偏差値38の私立高校へ入学しました。

高校受験を失敗したことをキッカケに、当時付き合っていた彼女ともすれ違いで別れてしましました。

 

「毎日つまんねぇなぁ…」と思いながら、毎日バイト。

生きてきて1番楽しくない時期でした。

 

しかし、ここである変化が起こります。

 

とある先生に出会い、「やってみる精神」で人生が変わる

英語担当の先生が、ぼくのことを気にかけてくれて、家庭環境からなにまですべて話を聞いてくれたんです。

いま思えば、この先生に出会わなければ自殺していたんじゃないかな…。

退屈しつつも、「知りたい」という知識欲があるぼくを見抜いた先生は、「リクは大学に行ってもっと好き勝手学んだほうが楽しいと思うよ」とアドバイスをくれました。

もともと公務員を目指していたぼくにとって「大学…?!」ぐらいの衝撃。

 

「とりあえずやってみたら?」

先生のその一言に、ぼくは火がつきました。

その日から過去問から参考書まで一気に買い揃え、1年間の勉強スケジュールを組みました。さらに「毎日朝4時に起きる!」と宣言。

 

結果的には、家の金銭状況から志望校を変え、学費が安めの京都の私立大学に入学することになりました。

ぼくの勉強スケジュールの詳しいことは、以下の記事を参考にどうぞ。

 

偶然みつけた『やぎぺーさん』のブログに憧れ、ブログを「はじめてみた」

大学入学式まで、3ヶ月ほど休みがありました。

なんでも検索しがちなぼくは「大学生 やるべきこと」と検索し、やぎぺーさんのブログを見つけました。

はじめは「へぇ…ブログで生活できるんだ」ぐらいの感じで読んでいました。

ところが、読んでいくうちにどんどんやぎぺーさんの記事に惹かれるものを感じたんです。

 

気付くとぼくはサーバーの支払いをして、有料のテーマも買っていました。

ここでも「行動力」がでてきましたね。笑

「やってみたい!」と考えたそのときに行動していました。

 

2018年1月の時点で、ブログが作られて1年ほどです。

いまのぼくにはブログは『生きた証』になっています。そのぐらいハマっています。

 

「まず行動が最強」ということを多くの人に知ってほしくて記事を書いています

↑ヒッチハイクをしたときの写真

ビジネス書とかによく書かれている『PDCAサイクル』を知っていますか?

  • P(Plan』→計画を組む
  • D(Do)→実行する
  • C(Check)→結果を確認する
  • A(Action)→結果から学び改善する

生産性をあげる一種のルーティンのようなものですね。

けど、最近のひとたち、特に学生は『PDCAサイクル』じゃダメだと思うんです。

『P(計画を組む)』の時点で挫折し、『D(実行する)』まで行動できていないひと多いんですよね。

成功とか失敗以前に、まず行動して経験しないといけないのに、行動すらできない。これじゃもったいない。

 

行動力を強みにしているぼくが提案するのは

『PDCAサイクル』ではなく『DCPAサイクル』です。

並び替えるとこうなります。

  • D(Do)→実行する
  • C(Check)→結果を確認する
  • P(Plan』→計画を組む
  • A(Action)→結果から学び改善する

プランを立てるまえに、とりあえずやっちゃう『D作戦』

先に計画を立てちゃうと、無意識に理想を高くしてハードルをあげちゃうと思うんです。

だから先に「やりたい」と思ったら、やっちゃう。それだけ。

 

『DCPAサイクル』は『まず行動』したもの勝ちです。

ぼくの経験から、このサイクルが最強です。

このことをもっと多くの学生に知ってほしくて、せっせと記事を書いています。(なかなか伝えるのはムズカシイ)

 

『行動力』がほしいなら、いますぐツイッターをフォロー!!

  • 『DCAPサイクル』がよくわからんから、実際に近くでみてみたい
  • やりたいことがあるけど、なかなか行動に移せない…
  • とりあえず行動力がほしい
  • 大学生なら友達になってみたい

どれかに当てはまる、もしくはぼくのことが気になる人は、ぜひツイッターをフォローしてください!

  • 行動したこと
  • 「行動」に関する考え
  • 大学生の考え、日常

をメインにツイートしています。大学生ならみていて損はないですよ。

 

 

↓↓ タイムライン ↓↓