【購入レビュー】OSMO POCKETの広角レンズがおすすめすぎる!絶対持っておいてほしい!

OSMO POCKETの弱点は「画角の狭さ」でした。

全体を撮ろうとすると想像以上に離れる必要が大変。

 

そんな悩みを解決してくれるものが、とうとう発売されました。

待望の【OSMO POCKET対応の広角レンズ】です。

>>>【参考】Amazonで「Honbobo DJI Osmo Pocket対応 広角フィルター」を2.5%オフで買う方法

 

すでにOSMO POCKETを持っている方なら「やっとか」と思いましたよね。そうです。やっとです。

 

まだ持っていないという方も、本体と一緒に「絶対」買っておいたほうがいいと思うので、ぜひ最後まで読んでってくださいな。

りっくん
りっくん
神すぎるので皆に知ってほしい

OSMO POCKETの画角の狭さを補う「広角レンズ」

レンズは小さな銀色の缶みたいなものに詰められていました。

 

指で挟まないと落としてしまいそうなサイズ。

 

OSMO POCKETにつけるとこんな感じ。暗視ゴーグルをつけた漫画の敵みたいだよね。

りっくん
りっくん
OSMO POCKETの進化版って感じがしてかっこいい

レンズに広角レンズをつける方法は「添えるだけ」

広角レンズをOSMO POCKETにつけるときは、カメラ部分に添えるだけ。

「カチャッ」という静かな音と共に装着が完了します。

フィルターの外枠には「磁石」が入っており、ちょっとやそっとの揺れでは落ちたりはしません。

りっくん
りっくん
カメラに近づけるだけでつくから簡単

OSMO POCKETで広角レンズありなしの「画角比較」

では、実際に「広角レンズ」がある場合、ない場合で画角の比較をしてみましょう。

 

▼広角レンズなし

 

▼広角レンズあり

広角レンズがない場合だと、髪の毛がほとんど切れてしまい、全体的に窮屈な画角になっていますね。

逆に広角レンズがあると、広角特有の「魚眼っぽさ」があります。

 

シンプルに写真の綺麗さだけをみるなら、レンズはないほうがいいですが、画角が気になるならレンズあり一択でしょう。

りっくん
りっくん
画角が広くなるのは本当うれしい!まってた!アイラブユー!

注意「広角レンズをつけたまま電源をつけてはいけない」

この広角レンズをつけたまま、OSMO POCKETの電源をオンにしてはいけません。

 

OSMO POCKETは起動時に、カメラの位置や向きなどを調整してくれるのですが、

レンズをつけたままだとバグがおきます。

 

▼起動時に永遠にカメラが振り続けてしまう

持ちはこむのであれば、レンズのケースにいれておく必要がありますね。

 

本体につけたまま持ち運ぶことも可能ですが、起動時は一旦外すことは忘れないように。

りっくん
りっくん
カメラが精密すぎてレンズを嫌がるみたい。服を着せられたワンちゃんかよ

おわりに「OSMO POCKET買うなら一緒に広角レンズは買っておきたい」

2019年でぼくが最も愛用している「OSMO POCKET」

 

【保存版】OSMO POCKETを画像34枚で徹底レビュー。メリット・デメリットを解説」でも書いてあるとおり、このカメラは本当に神です。すごすぎる。

本体が小さいのに、綺麗だし、ぶれないし、音もいい。

 

ただ、画角がすこし狭い…!

そんな「惜しい」と感じていた点を解決してくれた【広角レンズ

 

OSMO POCKETを持っているなら、いや持っていなくても買うなら、ぜひ一緒に買ってほしい1品です。

 

りっくん
りっくん
では、快適なOSMO POCKETライフを…!