大学生がチェスのルールを超絶簡単に解説。


あなたはチェスのルールがわかりますか?

「将棋はできるけどチェスはしたことがない。」
「なんか難しそう…」

という声をよく聞きます。

チェス入門書と言われる本も、なんだかんだ専門用語ばっかり使っていて読みにくい。

 

ですが実はとても簡単なのです。

 

この記事は、チェスの「ややこしそう」という考えを吹き飛ばすために書きました

少しでもチェスをできる人が増えたらいいなと思います。

 

SPONSORED LINK

チェスとは

チェス(Chess)とは、ボードゲームの一種。

8×8の盤および白と黒合わせて12種類の駒を用いて、2人で対戦するゲームである。日本の将棋との類似点も見られるが、取った駒を自分の駒として使えない、駒の利きが異なるなどさまざまな違いがある。
引用元:チェスとは

そんなに難しく考えなくて大丈夫ですよ。

将棋とは少しだけ違うボードゲームなだけです。 笑

 

将棋との違い

明確な将棋との違いは

  • 取ったコマは使えない
  • コマの動きがダイナミック

の2点。

取ったコマは使えない

ここが明確に将棋と違います。

盤上から出たコマはもう使えません。将棋のクセで使ってしまわないように気を付けましょう。

コマの動きがダイナミック

将棋のコマと比べると移動範囲が少し広いです。

動きが大きいため、驚くような一手があったりします。

 

チェスの最低限知っておくべき知識

  • 勝敗の決まり方
  • 各コマの動き
  • 特殊なルール

の3つです。

最近ではチェスをするときは、ほとんどがネットなどなので配置はわざわざ覚えるほどでもないです。

やっていれば自然と覚えてます。 笑

 

勝敗(勝ち負け)の決まり方

相手のキングをチェックメイトすると勝利です。

将棋と違い、作戦として、自ら引き分けに持ち込むことも可能

将棋で言う「王手」を、チェスでは「チェック」と言い
将棋での「詰み」を、チェスでは「チェックメイト」と言います。

 

引き分けのことを「ステールメイト」と言います。

ステールメイト(引き分け)の条件は3つ

  1. 自分の手番である
  2. 相手にチェック(王手)されていない
  3. 次に動かせるコマがない

ほぼ終盤で、コマが数個しかないときにしか起こらないので、最初は気にしなくて大丈夫です。

 

各コマの名称と動き

  • ポーン
  • ナイト
  • ビジョップ
  • ルーク
  • クイーン
  • キング

の6種類です。

ポーン

一列に並んでいる8個のコマ

これは基本的に前に1マスしか進めません

一番最初の動き出しのみ2マス動くことも可能です。(1マスでもいい


 

ポーンは少し特殊で、斜め上の相手のコマしか取れません

真ん前のコマは取れません。

相手側の一番奥のマスにつくと、キング以外のコマになんでも成ることができます

地味だが一番重要な傭兵です。笑

ナイト

2つ先の1つ横に全方向に移動できます
間にあるコマも飛び越えることが可能

特殊な動きをするので、個人的には一番好きなコマです。

ビジョップ

斜め全方向に移動できます
コマを飛び越えることはできない

気を抜いてるとビジョップに大事なコマを取られたりするので要注意

ルーク

上下左右に真っすぐ移動できます
コマを飛び越えることはできない

地味にキングを最後まで守っている重要なコマでもあります。

クイーン

もう最強。

全方向に移動できます
コマを飛び越えることはできない

相手のクイーンを取れると勝負はかなり優勢になります。

キング

ボス。

これを取れないように他のコマを動かしましょう
全方向に1マスずつ移動できます


 

特殊なルール

チェスには特殊なルールが2つあります

この2つを理解すればもう困ることはありません。

  • キャスリング(入城)
  • アンパッサン(通過捕獲)

 

キャスリング(入城)

キングは全方向に1マスずつしか動けませんが、特殊な条件が揃ったときのみ、2マス動くことが可能です。

その条件は以下3つ

  • キングがチェックされていない
  • 一度もルークとキングが動いていない
  • ルークとキングの間にコマがない

両サイドにあるルークと入れ替わります

この状態から

ここにキングを動かすと

ルークと入れ替わります。

端側にキングと逃がすイメージ

これは結構つかってみると強いです。 笑

 

アンパッサン(通過捕獲)

上にも書いた通り、ポーンは斜め上にあるコマしか取れません

ですが、ポーンがこの列にあるとき

相手のポーンが2マス前進してくると

横にある相手のポーンが取ることが可能です。

相手が前進してきた次のターンのみです。

この特殊なルールが「アンパッサン(通過捕獲)」です。

その名の通り、通過するのを捕獲するイメージです。

 

初心者が意識すべき1つのこと

ルールやコマの動きを理解したらあとは実践あるのみです。

そこで意識すべきことは1つ。

それは

コマの価値交換

各コマには動ける範囲から、使いやすさ、つまり「強いコマ」というものがあります

各コマにポイントを付けると

  1. クイーン➔9ポイント
  2. ルーク➔5ポイント
  3. ビジョップ➔3ポイント
  4. ナイト➔3ポイント
  5. ポーン➔1ポイント
  6. キング➔なし

となります。

 

勝負中、相手のコマを取る代わりに自分のコマが取られる、という場面がよくあります。

例えば、ビジョップでポーンを取ったあとに、ビジョップを取られる、という場面は

  • 自分➔ポーン獲得し、ビジョップを失う
  • 相手➔ビジョップ獲得し、ポーンを失う

ということです。ここまでついてこれてますか? 笑

 画像で表すと

これを数字にすると

自分はビジョップ(3ポイント)を失い、ポーン(1ポイント)を手に入れたので

-3 + 1= -2(ポイント)

2ポイントの損なので、単純に不利な状況です。

要するに、いかに価値の低いコマで価値の高いコマを取れるか、ということです。

 

これだけを意識していれば必ず勝てるというわけではないですが、初心者は意識して損はないです。

 

チェスができる無料サイト・アプリ

ここまで読んでくだされば、もうチェスができます。勝てるかどうかはセンスと経験がモノを言いますが…。

アプリ

チェス •
 
 
 
posted with アプリーチ

サイト

 

戦略紹介サイト

 

サムネイルのチェスはこれ

結構お手軽でしっかりしています。

対戦相手がいない方は、ぼくのように「1人チェス」なんてしてみては? 笑

おわりに

「チェスってどんなもんよ?」という方に向けた記事でした。

これでだいたいプレイできるはずです。
できるようになれば、あなたも晴れて「チェス指し」です。かっちょいい!

そもそもこの記事を書いたのも、ぼく自身が誰かと対戦したいからです。

この記事をみて、「理解した!」という方はツイッターの方に連絡ください。ぜひ対戦しましょう。

チェックチェックしまくりましょう。

そこまでぼくも強くないですが… 笑

 

ではでは。

SPONSORED LINK