大学生は2つのことにしか専念できない。優先することを選ばないと死亡決定

大学生を構成しているのは以下の4つです。

  1. 勉強
  2. 恋愛
  3. バイト
  4. 趣味

 

巷で「大学生は(以上の)4つのうち、2つのことにしか専念できない」といわれています。

なんでもかんでも完璧にやりたいけどできない、という悲しい努力をしている大学生へのお話。

 

SPONSORED LINK

大学生は2つのことにしか専念できない。ならなにを選ぶ?

ぼくは『(大学の)勉強』と『趣味』を選んでいます。

他の2つは捨てるようにしています。

 

「恋愛しないとか悲しい」というひともいると思いますが、実際そこまでさみしいとかはありません。

なにをするか、しっかり芯をもって行動しているので、生活の充実感が半端ないんですよね。

 

バランスのいい生活はただの夢物語

バランスよくいろいろなことをするよりも、1日1つのことに集中したほうが成果はでやすいです。

1つのことに集中しすぎると方向性がブレることがあります。そこで冷静になって振り返るのです。

 

冷静になってはじめて、集中していた間にどんなことをしたか分析する。微調整してあげる。

 

いい格好せずに、自分がしたいことに夢中になろう。

夢中になっているあいだは他のことなんかどうでもいい。そのときに一点集中することが大事。

 

人間は竹馬のように片方ずつ進むしかできないのかもしれない

右足をだしたら、左足。左足をだしたら右足。って感じで人間は進むことしかできない。

「今日は勉強、明日は趣味」のように、片方ずつやる。

焦って両足をまえに出すとこけてしまう。

 

『竹馬』が大学生にぴったりの例えかもね

 

いまは大学(主にプレゼンテーション)にハマっています

大学に熱がもどってきたので、この波に乗ってみる。

ぼくの学部ではプレゼンテーションがおおいので、『伝える』練習として利用する。

 

フォロワーさんが選ぶ2つのこと

次の記事へ>>>大学生は生きているだけでネタがあるから絶対ブログやるべき

SPONSORED LINK
大学生は2つのことにしか専念できない。