「とりあえず」行動するのは、考えて行動しないよりイイ

 

どうも、リクです。

やりたいと思ったことを、「思っているまま」じゃ意味ないって知っていますか?

  • お金に余裕があったら旅行に行きたい
  • 時間に余裕があったら運動をしたい

「やりたい」

そう思ったら、すぐに行動しましょう。

行動することは結果的に、メリットしかありませんから。

 

知識を『知る』だけなのか、『行動』までするのか

やぎぺーさんが、記事の書き方について参考になる情報をツイートしていました。

そのツイートをみて

「なるほど」と頷くだけでおわるのか

「なるほど!自分の記事でもさっそく活用してみよう」と記事を書きはじめるのか。

この2つには、大きな差があります。

知識を『知る』段階でとめるのか、『行動』の段階まで動かすのか。

 

知識を『知る』だけなのは、学んでいないのと同じ

  • 本を読む
  • 有益な情報を知る

自分の頭の中だけで、留めておくのはもったいない。

書いたり話したり、思考から外にだす『アウトプット』をすることで、理解も深まります。

 

ぼくはあえて、ブログやツイッターなどの、人目につくところに考えを残しています。

不特定多数のひとがみる場所で、考えを発信していくことで、自分とは違った意見とも出会える。

他人に考えを伝えるってのは、思っているより難しく、どうやったら伝わるか改めて自分を見直すキッカケにもなるんですよね。

 

自分の頭の中に、知識をいれるだけなのは学んだつもりになっている。

 

考えてから行動ではなく、行動してから考える

このやぎぺーさんのツイートには共感。

実際にぼくも、この1年行動することで環境を変えてきました。

考えて行動してちゃ遅い。

思いついたら手をつけるぐらいスピーディーなのががちょうどいい。

行動するスピードがあがれば、失敗しても立て直すのもすぐできますし、違うことにもサクっと挑戦できます。

 

「やってみたい」と思ったことが、ほんとうに自分がやりたいことなのかは、実際にやってみないとわからないものなんですよね。

思っているだけじゃ、なにも経験しないし、「やりたい」と思っていることもただの幻想。

 

やりたいと思ったら、熱が冷めるまえに行動しよう。

それが失敗であろうと、成功であろうと、行動から学ぶことは多い。

The following two tabs change content below.

りっくん

行動力だけで人生を楽しむ大学生。

最近では、月間8万回も読まれるようになりました。

詳しいプロフィールはこちら
お仕事等のお問い合わせ
匿名質問箱はこちら
Amazonほしいものリスト

▶▶▶ こちらも合わせてどうぞ ◀◀◀
  1. 最近、読書していますか? ▶ 超絶便利なKindle。4000円引きクーポン付き
  2. これで偏差値70になりました ▶ 最強勉強スケジュールの組み方
  3. ブロガー必読! ▶ ブロガーが読むべき厳選3冊

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼