プログラミング初心者が2ヶ月。TECH::CAMP(テックキャップ)でガチで学んだ結果

 

どうも、大学生ブロガーのりっくん(@dscrx100love)です。

 

プログラミング初心者がTECH::CAMP(テックキャンプ)で『Ruby』を学びはじめた。基礎知識まとめ」で書いたとおり、TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムをモニターとしての2ヶ月の受講が終わりました。

 

今回はTECH::CAMP(テックキャンプ)についての紹介と、実際に受講した感想をお伝えします。

 

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)とは?

カンタンにお伝えすると、最新の技術を学べるプログラミングスクールです。

受講者の98%が満足し、卒業生が9000人を超えるなど、他と比べるとかなり大きめの規模。

 

学べるカリキュラムは、話題の「AI」や「VR」など、iPhoneのアプリの作成方法があります。

以下が、TECH::CAMP(テックキャンプ)で学べるカリキュラムです。

  • Webアプリケーション(Mac / Windows)
  • Unity / VR
  • AI
  • デザイン
  • Webアプリケーション(Cloud9)
  • iPhoneアプリケーション

 

2ヶ月受講した感想『自分にはなかなか難しかった』

ここは正直に書きますね。

先にいっておきますが、TECH::CAMP(テックキャップ)のカリキュラムが悪いというわけではないです。

 

ぼく自身のスキルと、モチベなど、いろいろ足りなかった。

実際に作ったりして公開までしなかったぼくが悪かった。

アウトプットをせずに、ひたすら知識を溜め込んじゃったんですよね。

 

作った実感がなかったので、モチベーションを維持するのが難しかった。

でも、TECH::CAMP(テックキャップ)のカリキュラムが、「ここまでする?」というぐらい細かく丁寧にかかれていたので、理解するのはカンタンでした。

 

TECH::CAMP(テックキャップ)は、本気でプログラミングを学びたいひとにピッタリ

レッスンがじれったいほど、細かく分かれているので、プログラミングを深く理解したいひとにはピッタリだと感じました。

だからこそといえますが、内容がガチレベルなので、ふざけて受講すると「ガチやん…」と驚くと思います。笑

 

「そんなに難しいなら、自分には無理かも….」と避けそうになったあなた。

そんな初心者にも優しいのがTECH::CAMP(テックキャップ)です。

 

TECH::CAMP(テックキャップ)には、わからないところをすぐに解決してくれる「メンター」というのがいます。

実際に校舎に足を運べば、直接丁寧に教えてくれるメンターがいます。

オンラインでも、13:00 ~ 22:00の間であれば、何度でもビデオ通話やチャットで質問可能。

わからない部分や疑問点をメンターに尋ねると、すぐさま解決案や解説が送られてきます。

受講している生徒へのサポートが手厚いのがいいですよね。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)はオンラインでもオフラインでも学ぶことができる

TECH::CAMP(テックキャンプ)の校舎は、全国で合計で8箇所あります。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の校舎

  • 渋谷
  • 池袋
  • 新宿
  • 東京駅前
  • 御茶ノ水
  • 早稲田
  • 名古屋
  • 梅田

「校舎が住んでいる近くにない…」というひとにためにも、ちゃんとオンラインでも学ぶことができます。

実際にぼくは、すべてオンラインで学びました。

オンラインとオフラインを兼ね合わせているというのは、かなりユーザーに優しい気がしますよね。

 

オンラインで学ぶ方法。具体的な流れ

TECH::CAMP(テックキャップ)には、プログラミングを学ぶための専用サイトがあります。

それが『TECH::MASTER(テックマスター)』です。

 

TECH::MASTER(テックマスター)で学習する具体的な流れは以下の通り。

  1. トップページ
  2. カリキュラム(コース)選択
  3. Lesson(レッスン)選択

 

トップページ

TECH::MASTER(テックマスター)にログインすると、トップページがでてきます。

 

右上の「コース」をクリックし、カリキュラムリストを開き、学びたいコースを選択します。

 

Lesson(レッスン)選択

例ですが、AIコースを選ぶとこのようなレッスンがたくさんでてきます。

大きく内容をわけ、さらに細かくわけているのが、すごい個人的にはありがたい。

しかも、レッスンごとに学習に必要な時間を記載してくれているので「この空き時間に勉強できるな」とスケジュール管理もしやすい。

 

学習ページは文章、動画、写真をふんだんに使っている

学習内容のメインは文章で解説されています。

文章での表現が難しい場合は、写真やメンターが収録した動画もあるので、理解に苦しむことはありません。

 

基本的には、プログラミング言語のソースコードを書く練習があります。

課題と同時に例文も書いてくれるので、初めは自力でソースコードを書いてみて、無理だったら例文を参考にしましょう。

 

レッスン内に用意されているチェックポイントが初心者に優しい

学ぶ内容をおみせすることはできませんが、レッスンの各ポイントにチェックポイントがついているのが、個人的に便利でした。

学んだことをしっかり理解できているかどうか、チェックポイントや確認テストを受けるので、自分の理解度を確認しつつ学ぶことができます。

 

サイドバーには『進捗度』というのが置かれていて、すべてにチェックしないと学習したことにならないので、とりこぼすこということもありません。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)は月12800円で通うことができる

月額料金は12800円と、内容のボリュームにあっていない破格。

しかも、初月は無料。

 

入会費用が128000円(分割可能)と、少し高めですが、ご安心ください。

TECH::CAMPには、受講開始から1週間以内なら『返金制度』が適応されます。

※レンタルMacは全額返金保証に含まれません。

 

プログラミングを学びたいなら、とりあえず受講してみて、ダメそうだったらやめればいいのです。

『とりあえず』やってみても返金されるというのが、TECH::CAMP(テックキャップ)の良心的なところですね。

 

直近で行われる受講のスケジュール

近い順に行われる受講時期のリストです。

  • 3/16(金)〜4/15(日) ※締め切り:3/13(火)
  • 4/1(日)〜4/30(月) ※ 締め切り:3/27(火)
  • 4/16(月)〜5/15(火) ※ 締め切り:4/12(木)
  • 5/1(火)〜5/31(木) ※ 締め切り:4/28(土)
  • 5/16(水)〜6/15(金) ※ 締め切り:5/12(土)
  • 6/1(金)〜6/30(土) ※ 締め切り:5/27(日)
  • 6/16(土)〜7/15(日) ※ 締め切り:6/12(火)

いつからでも受講できるわけではなく、1ヶ月単位で受講生を集っているので、スケジュールの空きなどを確認しておきましょう。

 

学べるプログラミング言語やフレームワークについて

前述の通り、学べるものはまとめて以下の6つです。

  • Webアプリケーション(Mac / Windows)
  • Unity / VR
  • AI
  • デザイン
  • iPhoneアプリケーション

ここからは、それぞれの内容についてカンタンにまとめます。

 

Webアプリケーション(Mac/Windows)

身につくスキル

  • プログラミングの汎用的な内容を深く理解できる
  • HTMLとCSSを使ってWebページを構築できる
  • Ruby on Railsを使ってWebサービスを0から構築できる
  • JavaScriptを用いてサイトに動きをつけることができる
  • SQLを使ってDBからデータを抽出することができる

こんな人に『Webアプリケーションコース』をオススメ

  • プログラミングやWebサービスの仕組みを理解したい方
  • 未経験から自分だけのWebサービスを作ってみたい方
  • 教養としてプログラミングを学びたい方

TECH::CAMP(テックキャップ)のメインとあるといっても過言ではありません。

 

Webアプリケーションコースでは、プログラミング言語の『Ruby』とそのフレームワークの『Ruby on Rails』を学ぶことができます。

 

『Ruby』は、初心者にとってもっとも取り掛かりやすいプログラミング言語です。

また、 『Ruby on Rails』を用いると、Webサービスなどを作ることができます。 

Ruby on Railsを使っている日本の有名なサイトはたくさんあります。

  • クックパッド
  • グノシー
  • 食べログ
  • クラウドワークス
  • Wantedly

 

Ruby on RailsとRubyを使いこなすと、形の決まったブログとは違い、自分の思うがままにサイトを作ることがてきるんです。

 

ぼく自身、もっとも勉強時間を使ったのはこの『Webアプリケーションコース』

RubyとRuby on Railsでサイトを作るのに、必要な基礎知識やツールなど、すべて細かく説明してくれるので、マスターすればすぐにWebサービスを作れます。

 

また、Webサービスを作るのに必要な知識の解説もあります。

RubyとRuby on Rails以外に、以下の解説もありました。

  • HTML/CSS
  • Git
  • SQL
  • JavaScript(jQuery) 

 

RubyとRuby on Railsでサイトの仕組みづくりを学び、装飾やデータ管理などを補足で学ぶ感じでした。

 

『Webアプリケーションコース』を受講してはじめに『Mac必須だな…』と思いました。

Windowsで学ぶこともできますが、開発に関してはMacのほうが優秀。

MacBookを借りることもできますが、ずっと借りるぐらいなら、先行投資として買っちゃったほうがよさそう。

 

Unity/ VR

身につくスキル

  • C#を使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
  • ゲームエンジンUnityの基本的な使い方をマスターできる
  • 2D・3Dゲームを開発できる
  • Unity上で開発した3Dゲームを動かせるようになる

こんな人に『Unity/ VR』をオススメ

  • 未経験からゲームを作ってみたい方
  • 最新技術であるVRを扱ってみたい方
  • ゲームエンジニアを目指したい方

 

ゲームを作ってみたいひとにとって魅力的な内容じゃないでしょうか。

公式で画像をみると、クルマ?を作ったりして動かせるっぽい。

イラストや想像だけのゲームの世界を自分で作れるって、夢溢れすぎでしょ…。

 

AIコース

身につくスキル

  • 人工知能の原理を理解できる
  • Pythonを使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
  • Pythonを活用し複雑なデータの分析ができるようになる
  • 目的に応じてデータ解析方法を取捨選択できるようになる
  • ディープラーニングの元となる機械学習を使ったデータ解析プログラムが書ける

こんな人に『AIコース』をオススメ

  • 人工知能の仕組みや原理を理解し、扱えるようになりたい方
  • 将来のITによる産業の変化についていきたい方
  • データドリブンで事業を伸ばしたい経営者・マーケター・セールス担当の方

 

TECH::CMAPの中では、もっとも新しい内容です。

『AI』という話題のものを、なんと『自分で』作れちゃう。

もっと受講期間があれば学んでみたかった…。

 

デザインコース

身につくスキル

  • どんなデザインにも必須となる基本的なルールとテクニックを理解できる
  • Webサイトを美しくデザインするワイヤーフレーム制作技術
  • Illustratorを使ったロゴ・ポスターなどの制作技術
  • PhotoShopを使った画像加工の技術

こんな人に『デザインコース』をオススメ

  • 資料やWebサイトを美しくデザインしたい方
  • IllustratorやPhotoShopなどのツールを扱えるようになりたい方
  • デザイナーや独立したWebエンジニアを目指したい方

 

 

『デザイナー』や『イラストレーター』になりたい、そのスキルを身に着けたいというひとにぴったりな内容。

『イラストレーター』を使いはじめたぼくからすると、「いますごい学びたいやつーー!!」という悔みが絶えません。笑

 

iPhoneアプリケーション(Macのみ)

身につくスキル

  • Swiftを使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
  • Xcodeを使ってiPhoneアプリを0から構築することができる
  • ニフティクラウドを使ったデータベース連携ができるようになる
  • 作ったアプリをストアにリリースすることができるようになる

こんな人に『iPhoneアプリケーションコース』をオススメ

  • 未経験からあなただけのiPhoneアプリを作りたい方
  • iPhoneアプリの仕組みを理解したい方
  • モバイルエンジニアを目指したい方

 

シンプルにいってすごくないですか??

少し昔だと、iPhoneのアプリを作るなんて、一握りのひとしかできないものでした。

ですが、今ではTECH::CAMP(テックキャップ)で真剣に学ぶと、誰でもアプリを作ることができる…

技術が進歩すると同時に、解説の技術も進歩していて感動しました。

 

まとめ「真剣にプログラミングを学びたい人にオススメ」

TECH::CAMP(テックキャップ)で2ヶ月受講した感想をまとめると、こんな感じ。

  • 内容はよかったけど、ぼくの勉強意欲が弱かった
  • メンターの対応が素晴らしい
  • 真剣に学べば、すぐに職業として役立ちそう

 

内容のよさにも驚きましたが、なによりも「ここまで技術が進んだんだな…」としみじみ思いましたね。

プログラミングとか、自分には関係ない、難しそうとか思っていたんですが、しっかり学ぶとそうでもないんですよね。

なんでも仕組みを理解すれば、そこまで難しくない。

そんなことをTECH::CAMP(テックキャップ)が教えてくれました。

 

という感じ!!

 

今回、2ヶ月モニターとして無料で受講させていただいたTECH::CAMPには感謝の気持ちしかありません。

TECH::CAMP(テックキャップ)について、もっと詳しく知りたいひとは、以下のボタンからどうぞ!!

▶▶▶ こちらも合わせてどうぞ ◀◀◀
  1. 最近、読書していますか? ▶ 超絶便利なKindle。4000円引きクーポン付き
  2. これで偏差値70になりました ▶ 最強勉強スケジュールの組み方
  3. ブロガー必読! ▶ ブロガーが読むべき厳選3冊

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼