【メリハリが大事】受験勉強のプライベート時間の使い方…!

1週間ずっと休まず勉強している受験生へ。

 

ばかたれい!!!

 

なんで長期戦なのに、プライベート時間を作らない。

メリハリを作らずして、どうやって勝つ気なんだ。

1年間で偏差値を40から70にあげたぼくは、土曜日の午後だけ休んでいたぞ。

 

この記事では、プライベート時間を作ることやメリットについて解説したから!

休めない受験生はぜひ読むんだぞ。

りっくん
りっくん
では、いってみよ〜!

【結論】受験勉強中もプライベート時間を作ろう

受験生でも休みましょう。

 

「休まず勉強しなきゃ…」と思うかもしれませんが、問題ありません。

なぜなら、1年間以上ずっと勉強するのには限界があるからですね。

 

周りが勉強している時間に休むのが怖いというのもわかります。

ですが、体力が消耗しきって60までしかいけないより、休み休みで80までいけたほうがいいじゃないですか。

 

勉強する時間よりも、結果が大事なので効率的になる手段を選びましょう。

 

【体験談】受験生のときのプライベートはなにをしていたのか?

土曜日だけめっちゃ遊んでました。

 

私立の高校だったので、昼まで授業があるんですよね。

昼からは自転車で友達とカラオケまで超特急でいくみたいな。

映画みにいったり、カラオケいったりと、結構遊びちらした記憶があります。

 

土曜日にリフレッシュしたら、日曜日は1日勉強です。

緩急をつける感覚で休むをとるといいですよ。

りっくん
りっくん
土曜日以外は超勉強

勉強とプライベートをどうやって分けるのか?

1週間のうち、1日の午後を「休む日」にしておきましょう。

 

ぼくの場合だったら土曜日ですね。

6日間勉強、1日間休憩みたいなスケジュールがちょうどいいと思います。

さらに細かい1日のスケジュールは「ぼくの偏差値を70にした一日の勉強時間とスケジュール」にて解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

りっくん
りっくん
何曜日に休むかは自分で決めよう

メリハリをつけずダラダラ勉強するのが一番無駄

「休むのは無駄!」という意見もあると思いますが、ぶっちゃけ無駄だと思います。

やる気はあるかもしれませんが、だいたい途中で「しんどい…」とダレるじゃないですか。

 

ダレた状態で勉強してもマジで無駄です。時間の無駄。

集中できていない状態で、無理に勉強しても頭にも入りません。勉強しているとは言いませんからね。

りっくん
りっくん
エネルギーがあって集中できるときに勉強しよう

勉強しない時間で「モチベーション」を上げる

「モチベーションはどうやって上がるんですか…?」と思った方は、一度全力で休んでみてください。

すると下記のような流れができます。

  1. めちゃくちゃ休む
  2. 勉強していなくて焦る
  3. 自然と勉強したくなる

1週間のうち6日間勉強して、1日全力で休むと「ヤバい…勉強していない…」と焦ります。

 

休みつつも、その焦りを使うとモチベーション爆上げです。

勉強中のモチベーションの上げ方は「やる気を上げる5つの方法」にて解説しているのでぜひご覧ください。

りっくん
りっくん
あえて勉強しないことで自分を焦らせるといいよ

おわりに「勉強もプライベートも充実させたやつが勝つ」

「受験生=受験勉強漬け」と思われがちですが、1日ぐらいプライベートがあってもいいんですよ。

 

本当にデキるやつは勉強も遊びも両立しています。

両立する方法が「6日勉強、1日休憩」でしたよね。

 

この記事を読んだ受験生が、みんなデキるやつになりますように。

りっくん
りっくん
ではでは…!

おすすめ学習サービス「スタディサプリ」
スタディサプリをみせてる瞬間男子りっくん

スタディサプリは、効率的に勉強したい学生の悩みをすべて解決してくれるサービスです。

学校が必要ないと思わされるほど高品質な講座が4万本以上あります。

受験勉強で勝ちたいという方は使ってみてください

≫スタディサプリをみてみる