【ブックマーク必須】受験勉強で絶望してもやることは「勉強」のみ

受験勉強で現実を知り「絶望」しているあなた、こんにちは。

この記事を書いているぼくは、大学受験のときに1年間で偏差値を40から70まで上げました。男性版ビリギャルです。

 

この記事では、「受験勉強での絶望への対策(対応)」と、「偏差値40で受験勉強に絶望した話」を書いています。

絶望するたびにぜひともご覧ください。

りっくん
りっくん
現実の話ばかりしているから読んだらちょっとつらいかも

【事実】絶望しても現実は変わりません

タイトルでも書いていますが、絶望に浸っていても現実は変わりません。

 

どうすればいいのか?

勉強するのみ、ですよね。

 

質問をいただくなかで一番多いのがこのタイプです。

【絶望して自分はもうダメなんだ、と悲劇のヒロインになっているタイプ】

 

落ち込んだところでなんにも変わらん…!それは認めよう…!

現状を変えるには勉強しかないんや…!

 

たとえるなら、川の上流にいきたいのに一切動かず、「私はもうダメだ〜!一生下流でいるんだ〜!」って嘆いているサケみたいなものです。

抵抗を嫌がってその場でいるだけで、実際はそのほうがどんどんダメな流れになってしまう。

りっくん
りっくん
このことを理解しているなら、もう勉強するしかないよな…?!

受験勉強での絶望パターンにアンサーを返します

  • 成績が足りなさすぎる→最後まで諦めず勉強
  • 勉強してなさすぎる→今からでもやらないよりったほうがいい
  • 受験に失敗して落ちた→浪人するなら1年間を全力で使おう。そうじゃないなら全力で生きよう

それぞれを超かんたんに解説します。

りっくん
りっくん
つらいかもしれないけど受け止めてね

成績が足りなさすぎる→最後まで諦めず勉強

成績が足りないのは、知識が足りないからです。

知識が足りないのは、勉強が足りないからです。

つまり、変わらず淡々と勉強しましょう。

りっくん
りっくん
成績が足りないなら、足りるまで勉強すればいいんやで

勉強してなさすぎる→今からでもやらないよりやったほうがいい

「高3でまったく勉強していないんですけど大丈夫ですかね?」

という質問もいただきますが、答えはシンプルに「やったほうがいい」

 

そもそも勉強しなきゃ成績は変動しません。

いま持っている知識だけで試験を解けるなら問題ありませんが、解けない問題があるなら勉強するしかないですよね。

りっくん
りっくん
勉強せずに受験に落ちるのであたりまえだよ

受験に失敗して落ちた→浪人するなら1年間を全力で使おう。そうじゃないなら全力で生きよう

死ぬほど頑張ったのに願った結果にならなかった方、とても悔しいですよね…。

ぼくも高校受験を失敗したので気持ちはよくわかります…。

 

アドバイスは「受験で失敗しても死なないから、もっと気軽に頑張ろう」ですね。

1年に1回のチャンスを逃したかもしれませんが、生きてたらまだまだチャンスはあります。大丈夫。安心しろ。

 

浪人して頑張るなら、1年間を全力で使いましょう。

朝4時に起き、22時に寝る生活のなかで勉強すれば、超効率的にできるはずだから。

 

浪人しない選択をし、仕事をしていくという方は、早めに副業をしておきましょう。

「働くまえから副業のこと?」と思うかもしれませんが、やっておいて損はありません。

たとえば、ぼくが高校卒業したときに作った「ブログ」が現在のメインの収入になっています。生計もこれだけで立てています。

 

仕事1本だけでもいいのですが、副業をもつと最強です。収入の柱が2本になるからね。

人の寿命が長くなっているからこそ、働けなくなったときのためにも副業をぜひ。

 

ブログの作り方は下記の記事で解説しています。参考にしてみてください。

 

【体験談】偏差値40で受験勉強に立ち向かい絶望した話

悩みへのアンサーを返したところで、ぼくの話をさせてください。絶望している方の参考になればなと思います。

 

ぼくが受験勉強で絶望したのは高2の冬です。

 

もともと公務員を目指していたぼくは、半年ほど公務員試験の勉強をしていました。

けれど、「なんか違うな」というもやもやがずっとあったんですよね。

そんな話を仲のいいK先生にしてみたら、

「りくは大学で学んだほうがもっと伸びるよ」

というアドバイスをいただきました。

 

その言葉をきっかけに「じゃあ、同志社大学いくわ」と決定。当時の偏差値は40とかです。

そして参考書や必要なスケジュールを1日で作ってみたら「あること」に気付きました。

 

「やべぇ…ぜんぜん学力足らない…」

あたりまえですよね。偏差値40だもん。

当時のぼくは「目標の壁の高さ」にめちゃくちゃ絶望しました。人生どうなるんだろうとか思うぐらい。

けど「起こってない未来で悩んでも仕方ない」という考え方に切り替え、絶望をエネルギーに勉強を頑張ったんですよね。

 

結果的に違う大学に入ったものの、偏差値は40から70まで上げることができました。

これは偶然ではなく、現実をみて「絶望」し、その絶望を力に変えれたからこその結果だと思っています。

なので、受験勉強で絶望しているあなたにも、その絶望が成長のきっかけだと思って頑張ってほしいです…!

りっくん
りっくん
そもそも絶望しなかったら成長しないからね。

 

苦しいけれど、受験勉強で楽になるには「勉強」しかない

大事なことなので、何度もかきますが、

 

【絶望しても現実は変わらない。勉強するべし】

もちろん、勉強はつらいです…。特に学力がついていないときこそ辛い。わからないことが多すぎて嫌になるよね。

 

もし、また絶望してしまったらこの記事を読みにきてください。

「絶望したらこの記事を読む」みたいな感じで、頑張るキッカケになればなと思います。

りっくん
りっくん
では、受験の結果が良いものでありますように…!