受験勉強

受験勉強で他人と比較するのは「コスパが悪い」

どうも、瞬間男子りっくんです。

 

受験生のときに偏差値を70まで上げた経験があります。

今回は「受験勉強で他人と比較するとコスパが悪い」というお話をしますね。

比較しても自分は賢くなれない

他人と比較しても自分は賢くなれせん。

なぜなら、賢くなる方法は勉強しかないからですね…。すごい当たり前ですが。

 

よくある悩みが「死ぬほど勉強しているのに、あの子に勝てない…受験もヤバいんじゃないか…」みたいな。

冷静になって考えてみてほしいのですが、人と比べて悩むことで成績が伸びるのでしょうか?

伸びませんよね。

 

受験勉強は「無心」でやるべきことをやる

ぶっちゃけ、他人と比較して落ち込む時間が無駄です。

 

「自分は自分」と割り切って、勉強に集中するのが良き。

たしかに受験は点数を競い、合否が決まるものですが、それは試験の話です。

 

試験までの準備期間は他人ではなく「自分」との戦いですからね。

 

比較したときに生じる気持ちはどれも良くない

「比較することでモチベーションに繋がる」という方もいますが、どう繋がるのか気になるところです…。

劣等感をもつ勉強するにしても、目的が違ってきてませんかね?

志望校に合格するため、将来のための勉強なのに、誰かを打ち負かす目的に変わっていませんか?

優越感に浸ったとしても、自分よりも凄いひとなんて腐るほどいます。そこでペースを落としては元も子もありません。

 

要するに、誰かと比較する時間があるなら、自分と向き合って勉強しろ、と思うのです。

 

自分は自分。他人は他人

繰り返しですが、自分は自分。他人は他人です。

 

今回は受験勉強を例に話しましたが、どの分野にも通ずる話です。

たしかにすべては「ランキングバトル」ですが、周りをみるのは「たまに」でいいんです。

 

比較したところで自分の結果は変わらないということをお忘れなく。

りっくん
りっくん
ではでは!

おすすめ学習サービス「スタディサプリ」
スタディサプリをみせてる瞬間男子りっくん

スタディサプリは、効率的に勉強したい学生の悩みをすべて解決してくれるサービスです。

学校が必要ないと思わされるほど高品質な講座が4万本以上あります。

受験勉強で勝ちたいという方は使ってみてください

≫スタディサプリをみてみる