過去の自分に読ませたい「やりたいことを確実に進める方法」

 

カイくん
やりたいことがあるけど、なかなか進まない…
カイくん
自分ってダメなやつだな…
りっくん
ちょっとそれは思い過ごしだよ

どうも、りっくん(@dscrx100love)です。

 

やりたいことがたくさんあるのに、なかなか手をつけられない。

よくわかります。実際にぼくも最近までその感情に悩まされていました。

でも、自分が上手くいっていたときの環境や感情を思い出してみると、解決策が明らかになりました。

この記事では、その解決策をシェアしますね。

参考になればめちゃくちゃ嬉しいです!

 

やりたいことを進める確実な方法『シングルタスク』

シングルタスク、つまり取り掛かる物事は1つだけにするということです。

 

女性はたくさんのことを同時にできる、という話を聞いたことはないでしょうか?

実はその話、ものすごく間違っています。

人間は『集中力の分散』に弱く、同時に多くのことに集中を向けられないのです。

『HUNTERXHUNTER』で例えをだすと、ヒソカの一言が核心をついていますね。

要するに、人の集中力なんてしょぼいもんなんですよ。

強がって多くのことをやろうとするから、集中できないし大したものができない。

だからこそ、 シングルタスクを意識しないといけない のです。

 

「シングルタスク?わかってるよ!」と強がっていたぼくがしたミス

これまで「シングルタスクを意識しよう!」と何度も聞いてきたことがある方もいるでしょう。

ぼくもたくさん本を読んで、頭では理解していたつもりでした。

『エッセンシャル思考』という本でも、「最も重要なことに集中しよう」と書かれていて、鼓舞激励されたのを覚えいてます。

だがしかし、ぼくだけでなく、多くの方がしちゃうミスがあるんですよね。

それが「タスクの優先度をつけない」というミス。

カンタンにいうと

今日のタスク

  • 『〜』ブログを書く
  • 『〜〜』のツイートをする
  • 課題をする
  • デザイン作成

とドドンッとやることをリスト化するんですよね。

リスト化はいいんですけど、問題は『優先度がない』こと。

このままじゃ、何が1番大事かわからないため、何から手をつけようか毎回悩みますよね。

リストを見るたびに

りっくん
記事書こうかな、デザイン作ろうかな

と悩む。この時間がもったいない。

なによりむことで集中力は徐々になくなっていきます。選択はエネルギーを使うんです。

 

改善したらこうなります。

今日のタスク

  1. 『〜〜』のツイートをする
  2. 『〜』ブログを書く
  3. デザイン作成
  4. 課題をする
りっくん
優先順位をつけましょう。

優先度をつけたら、絶対に①からやっていく。②は①が終わってから。

上から順にやっていくんですね。

カイくん
えっ、それだけ?

と思うかもしれませんが、この考えが大事なんです。

人間は嫌なことは自然と避けて、好きで楽なことしかやりません。心当たりがあるのでは?

①が終わったら②、②が終わったら③と、他の何かをしたいならまず終わらせる。

完璧で終わらせなくても、着手して進めただけでも素晴らしいことです。

優先度をつけていなかったら、1つもやっていない可能性がありますからね…。

やりたいことや、やることが多い人ほど『優先度』を意識しましょう。

 

おわりに「わかったつもりにならないで、シングルタスク」

この記事で書いたことは本当にカンタンなことです。

  • シングルタスクを意識しよう
  • タスクの優先度をつけよう
  • 重要なことを必ず終わらそう

わかったつもりでいても出来ていないのが現実。ぼくがまさにそうでした。

誰よりもこの記事を読んでほしい読者は『過去の自分』です。そのぐらい悩んでいました。

 

 

 

 

さて….

 

 

あなたは『シングルタスク』で行動できていますか?

▶▶▶ こちらも合わせてどうぞ ◀◀◀

  1. 最近、読書していますか? ▶ 超絶便利なKindle。4000円引きクーポン付き
  2. これで偏差値70になりました ▶ 最強勉強スケジュールの組み方
  3. ブロガー必読! ▶ ブロガーが読むべき厳選3冊

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼

▼ 関連コンテンツ ▼