「ひゃくえんラジオ」が好きだから毎日ラジオをはじめました

毎日ラジオ5日目のリクです。

今回は毎日ラジオをはじめようと思ったきっかけのお話。

SPONSORED LINK

ゲーム実況者ひゃくえんさんがやっているラジオコーナーの真似

ぼくが好きなゲーム実況者さんの中に、ひゃくえんという方がいます。現在35歳のおっちゃんです。

このおっちゃんの動画が結構好きなんですよね。声が渋くていい。

 

ひゃくえんさんのチャンネルで「ひゃくえんの聞き流しラジオ」というコーナーがあります。

これがねぇ、すごくいい。

声も好きだし、話すテンポも聞いていて落ち着く。

 

2013年に始まったコーナーで、今では73本の動画がアップロードされています。

 

ぼくはこの動画を聞きながら寝るのが大好き

なにを隠そう、この記事の前夜も投稿されたてのラジオを聞きながら寝ました。

話が面白くて寝られなくなることもあるんですけどね。笑

 

落ち着く時間を提供できるコンテンツが羨ましかった

毎日ラジオを宣言した記事では『トーク力向上のため』といいました。

 

実際はひゃくえんさんに憧れて、ぼくもやってみたいと思ったんですよね。

とりあえずやったことのないのは、なんでもやってみたい性なのです。

 

関連記事 MacBookチルドレンのリク、毎日ツイキャスするってよ

 

YouTubeではなくツイキャスにした理由は『バックグラウンド再生』

YouTubeアカウントももっているので、動画として投稿するのもできましたが、あえてツイキャスを選びました。

理由は『バックグラウンド再生

 

ラジオを聞いてくれる人の大半はスマホだと思います。わざわざパソコンで聞いてくれる人も少ないでしょう。

スマホで聞く場合、ひとつだけ邪魔くさいことがあるんですよね。

YouTubeで動画を流しながら、他のアプリを開けない。(公式アプリの場合)

 

riku
YouTubeが盛んといえど、わざわざスマホに制限をかけてまでラジオを聞いてくれる人は少ないのでは

と思ったぼくは、ツイキャスでラジオをすることにしました。

 

ツイキャスなら生放送を再生しながらツイッターを開いたりできるんですよね。(アプリ)

まさに『聞き流し』ができるラジオになるわけです。

 

ツイキャスを選んだ理由として、もう1つ。

生放送なので、聞き手のコメントにリアルタイムで反応できる

『聞き流し』ができてコメントもすぐできる。

さらにコメントにはリアルタイムで反応ができる。

 

これは動画にはないメリットですよね。

 

フリートークだとリピーターが増えないから、毎回テーマを事前に決めることにした

フリートークでさまざまな人にきてもらえるのは、認知度がある人か、顔出し(イケメンのみ)だと思うんですよね。

ぼくはどちらにも自信がありません(小声)

 

そこでぼくは

  • 毎回テーマを事前に決めておく
  • 放送画面にテーマを表示した画像を設定

という2つのルールを作りました。

 

毎回テーマを事前に決めておく

話すトピックを3つほど決めておきます。放送内では決めたテーマに沿って話します。

すると、聞きにきてくれる人は「あっ、今日はこの話をするのか」とラジオで話される内容がみてわかるんですよね。

 

本でいうと目次のような役割。

 

テーマを決めておくというのも、ひゃくえんさんの真似

ひゃくえんさんはメインテーマの前に、ゲームに関するニュースを3つほど話しています。

ぼくはその流れを真似しました。 

 

放送画面にテーマを表示した画像を設定

ツイキャスのラジオは始める際に、放送中に表示する画像を決められます。

riku
今日はこのことについて話します!

と説明する手間を省くため。

たまたま聞きに来てくれた人にも、何について話しているのか理解してもらえる、という効果もあります。

 

ラジオを始めたきっかけは『憧れ』ということ

キッカケを忘れたくないから、覚えているうちに書いた記事でした。

 

毎日ラジオはやってみると、楽しいことばかりで案外1ヶ月続きそうです。

DCAPDカップサイクルですね!

 

以上、毎日ラジオ5日目のリクでした。

 

ではっ!!

 

関連記事 MacBookチルドレンのリク、毎日ツイキャスするってよ

SPONSORED LINK