【簡単】プログラミング学習で挫折しない方法。ポイントは学習と制作を繰り返すこと。

あなた
プログラミングを学習しているけど、なんだかんだモチベーションが続かなくて、挫折してしまう。なんで長く続いている人はあんなに続くんだ。なにか方法があるに違いない

という悩みにお答えします。

 

本記事を書いているぼくは、現在プログラミングの基礎を学習しているブロガーです。

「初心者の意見なんか聞きたくない。もっと上級者の意見をきかせろ」といいたいのはわかりますが、すこし待ってください。

上級者のアドバイスはたしかに参考になると思いますが、初心者の気持ちを理解しているのは「初心者だけ」ですよね。

つまり、プログラミング初心者は「脱初心者」の意見を聞くほうが参考になることが多いです。

 

そこで、挫折しない仕組みをみつけたぼくが、本記事で「プログラミング学習で挫折しない方法」をシェアします。

実際にぼくも、過去に3ヶ月ほどプログラミングを学んでいましたが、見事に挫折して一切触らなくなったことがあります。

ですが今では毎日学ぶことを学び、徐々にレベルアップしています。

 

もし、本記事を読んでいるあなたが「プログラミング初心者」ならば、最後まで読んでいただくと参考になるはずです。

りっくん
2〜3分で読めるので、最後までお付き合いくださいね!

 

結論「プログラミング学習で挫折しない方法は『学習と制作の繰り返し』です」

プログラミング学習で初心者が挫折する理由は「学習ばかりしていて楽しくないから」です。

学んだことを実践にうつして、自分で作ってみないともモチベーションなんて続きません。

 

実際にぼくも、プログラミング学習サイト「Progate」で学んでいたんですが、学ぶばかりで作ることをせずに挫折しました。

もちろん、基礎的な知識を学ぶことは大事ですが、学んでばかりじゃ自分のスキルにならないんですよね。

10のうち3でも学んだら、なにか作ってみましょう。できればオリジナルのものを。

 

どの学習サイトもそうですが、そのままやってしまうと、いざ応用するときに思い出せないんですよね。

もっと、自分で使ってみて、感覚で理解しないといけません。

りっくん
頭だけで理解しようとするのには、なかなか大変だからね

 

プログラミング初心者はなぜ挫折するのか?

過去に一度、挫折したことのあるぼくならわかります。

以下の原因のどれか1つでもあれば、初心者はすぐに「ポキンっ」と音と共に挫折します。間違いありません。

初心者が挫折する原因

  • 用語がわからない
  • なんのためにやっているのかわかっていない
  • エラーがでたときに解決法が見つからない
  • 自分がレベルアップしている感覚がない

学習を挫折しない方法は「学習と制作を繰り返す」ですが、こういった細かい原因があるとすぐにやめてしまうと思うので、それぞれの解決方法も書いておきます

りっくん
自分にあてはまりそうな原因だけでもチェックしてね

 

挫折原因①「用語がわからない」

「オブジェクト? インスタンス? クラス?」とわからない言葉が並ぶと、挫折する原因につながります。

プログラミングの仕組みを学ぼうとしているのに、言葉がわからなくて嫌気がさすんですよね。

 

解決方法は「仕組みを学ぶ前に、用語を勉強する」です。

勉強のための勉強ですが、これがかなり効きます。

ぼくもプログラミング学習サイトで「???」と混乱していましたが、Progateで言葉の意味を学んでみるとサクサク理解できました。

 

ぜひ、いきなり仕組みを理解するのではなく、基礎的な用語を理解してからにしましょう。

りっくん
スポーツと違って、専門用語がわかんないとめちゃくちゃ難しいからね

 

挫折原因②「なんのために学習しているのか目的がわかっていない」

これは2つのタイプがあります。

1つ目は「これ、なんのために学んでいるんだろ?」とコードの使いどころを考えずに、ただ教えられたことをマネている人。

2つ目は「なんのためにプログラミングを学ぶのか」と目的をはっきりしていない人ですね。

もちろん、目的がないまま学習してもいいのですが、やはりここをしっかり決めていないとすぐに挫折してしまいます。

 

解決方法は共通して「なぜ学ぶのか?」と意識することです。

「学習と制作を繰り返す」といっているように、自分が使えないんじゃその学習にはなんの意味もありません。

使えてなんぼなので、どのように使うのか、使っていくのかを意識することが大事です。

りっくん
どういうコードなのか、と使い方を覚えるようにしよう

 

挫折原因③「エラーがでたときに解決法が見つからない」

「エラーばっかりで正常に表示されない…」と悩み、解決方法が見つからず挫折するパターンですね。

まず前提として知っておいてほしいのは「プログラミングでエラーはあたえまえ」ということです。

上級者(エンジニア)の方であっても、エラーはでます。(いろいろな方のブログを読み漁ってみた情報ですが)

つまり、エラーがでているからといって諦める理由にはならないんですよね。

 

解決方法としては「エラーのパターンを知る」です。

学びはじめたばかりのときは、エラーコードを読んで時間をかけて解決していくと思います。

不思議なことに、数を重ねていくうちにエラーのパターンがみえてくるんですよね。

 

同じようなミスをしている可能性が高いので「またか」みたいな感覚でなおせることも多いです。

初心者がやりがちなのは「セミコロン(;)のつけ忘れ」とかでしょう。(ぼくがよくやる)

エラーがでても諦めずに、おかしい思われる箇所をチェックしてみてくださいね。

りっくん
天才エンジニア迫さんの講座「Skill Hacks」なら、質問にもすぐ答えてくれるからオススメ

 

挫折原因④「自分がレベルアップしている感覚がない」

「毎日学んでいるけど、成長している気がしない」と、不安になる状態です。

客観的にみれば「成長してる」と感じることですが、主観的にみると不安になることも多いハズ。

 

そんな方にオススメな解決方法はいくつかあります。

レベルアップを確認する方法

  • プログラミングを学習している仲間を探す
  • グループに入る
  • SNSやブログで発信する

特におすすめなのが「SNSやブログで発信する」です。

ぼく自身もTwitterで「#100DaysOfCode」というハッシュタグを使い、毎日学んだこと、気付いたことを発信しています。

 

これを毎日続けていると、はじめの投稿から見返せて、自分の成長をみることができます。

「こんなことで悩んでいたのか」と客観的にみることができるんですよね。

ツイートで書くことで、同じ「プログラミング初心者」から反応があるかもしれないので、ぜひとも発信してみてください。

 

またブログでわかりやすくまとめることで、効率よく記憶に定着することができます。

人間の脳で、最も記憶に定着する行動が「人に教える」です。

ブログを通じて、同じように悩んでいるであろう人に向けて発信してみましょう。

 

「そんなガッツリ書けないし…」とビビる必要はありません。

初心者が書けるのは「初心者に向けて」の記事です。

ぼくもこうやって「プログラミング学習で挫折しない方法」を記事にすることで、自分自身の記憶にも残していっています。

りっくん
ビビらず挑戦してみよう
あわせて読みたい

 

「ドットインストール」は良いサービスだが、初心者潰しでもある

プログラミング学習サイト「ドットインストール」は、非常に良いサービスですが、初心者が使うと挫折する可能性が高いです。

初心者にも優しい内容ですが、用語の意味もわかっていない初心者にはオススメしません。

 

なぜなら、ここまで解説した「初心者がプログラミング学習で挫折する理由」が含まれているからです。

初心者にドットインストールをオススメしない理由

  • 用語の解説は少なく、淡々と進む(速い)
  • なんのためのコードなのか、説明が少ない
  • エラーがでたときにすべて自分で解決する必要がある

ほんとうの初心者は「Progate」で学ぶのが一番です。

Progateで基礎の知識を吸収していきましょう。

そこから少し発展したいときにドットインストールを使うのがベストです。

りっくん
Udemyで講座を買うのもアリだと思うぞい

 

初心者はProgateで学び、ドットインストールで実際に作ってみるのがベスト

初心者こそ、はじめはProgateで学びましょう。

主に「プログラミングの仕組み」と「用語の意味」を理解することに時間を使うのがいいでしょう。

 

そしてある程度、基礎の知識がついたらドットインストールで学んでみる。

ドットインストールには「作ってみよう系」の講座が用意されているので、試してみてからオリジナルのものを制作する感じでいいです。

 

まとめるとこんな感じですね。

プログラミング初心者が学ぶステップ(基礎)

  1. Progateで基礎を学ぶ
  2. ドットインストールで「作ってみよう」と試す
  3. 応用してオリジナルのものを作る
りっくん
初心者のぼくもこのステップでレベルアップしてるぞい

 

 

おわりに「プログラミング学習の挫折は『諦めること』」

過去の自分に言いたいことですが、スキルなんてそんな簡単に手に入るわけがありません。

長期間の学習と制作を繰り返して、体になじまさせていくものです。

 

挫折というのは「諦める」からであって、コツコツでも諦めなければ挫折したことにはならないんですよね。

ぼくも「うわ、難しい…」と思うことがありますが、いろいろ試してみたり、出来る先輩たちに相談したりしています。

 

また発信することで「過去の自分よりレベルアップした」と目に見えるようにするのも挫折しないコツでもあります。(ぼくが実践済み)

 

では、ここで本記事のおさらいをしておきましょうか。

本記事のおさらい

  • 結論「プログラミング学習で挫折しない方法は『学習と制作の繰り返し』」
  • プログラミング初心者が挫折する原因(解決方法)
    • 用語がわからない(さきに用語を勉強しよう)
    • なんのためにやっているのかわかっていない(なぜ学ぶのか目的をはっきりさせよう)
    • エラーがでたときに解決法が見つからない(エラーのパターンを知ろう)
    • 自分がレベルアップしている感覚がない(発信をして記録を残そう)
  • ドットインストールは初心者つぶし
  • 初めはProgateで基礎知識をつけよう
  • プログラミング学習の挫折は「諦めること」

 

では、本記事はここらへんでおわりです。

参考になりましたら、シェアしていただると嬉しいです。

りっくん
どうか、「諦める」ことを簡単にしないでくださいね

▶▶▶ こちらも合わせてどうぞ ◀◀◀

  1. 最近、読書していますか? ▶ 超絶便利なKindle。4000円引きクーポン付き
  2. これで偏差値70になりました ▶ 最強勉強スケジュールの組み方
  3. ブロガー必読! ▶ ブロガーが読むべき厳選3冊

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼

▼ 関連コンテンツ ▼