「スゴイ」ものにお金をケチる大人になりたくない

どうも、久しぶりにユニバに行ってきたりっくん(@dscrx100love)です。

 

突然ですが、「スゴイ」ことをしているひとに、直接的もしくは間接的にお金を払っていますか?

お金を払う例

  • 作家さんの本を買う
  • 絵師さんの絵を買う

 

ユニバにいったとき、ストリートパフォーマンスをしていた「フリースタイラーNARI」さんがいました。

パフォーマンスを終えてからは「よかったら応援の意味をこめて…(袋を取り出す)」という、よくある流れ。

ここでぼくは「お金を払うことはクリエイターを守ることに繋がるんだな」と実感しました。

 

「スゴイ」ことをしている人が、もっとスゴイことをするためにお金を払う

「スゴイ!」と思うのに、100円も払わず立ち去るのは、飲食店で料理をたべてお金を払わないのと同じだと思うんですよね。(極論)

日本人は「寄付」をする習慣がないためか、パフォーマーにお金を払うことをあまりしない。

 

ほんとうにスゴイと思ったなら、ケチらずお金を払おう。

そのお金が、パフォーマーの経済面と「心」の支えになることは間違いないから。

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼