低評価や心ないコメントが飛んできてしょげているクリエイターへ「負けるな」

どうも、りっくんです。

 

低評価ついたり、あてつけのような批判が飛んでくるとつらいですよね。

「こんなこと言われるならやめようかな…」なんて思ったり。

 

今回は、そういったしょげているクリエイターに向けた記事です。

りっくん
りっくん
自分の考えメモです

結論「誰にどんな叩かれしようと気にしない」

もう答えいってしまっていますが、気にしないのが勝ちです。

 

「逃げるが勝ち」という言葉があるとおり、相手にしてしまったら負けです。

Twitterであれば、即ミュート。YouTubeであればコメントから非表示にしましょう。

りっくん
りっくん
気にして行動しなくなるのはもったいない

補足「たまにくる鋭い指摘は素直に受け入れよう」

批判といっても、1000個のうち1個ぐらいの確率で鋭い指摘なものがあります。

かんたんにいうと「痛いところ突いてくる」ですね。

そういった場合は素直に受け入れましょう。

 

自分に非がある場合は謝り、そうでなくても素直に「教えてくれてありがとう」と伝えると良きです。

りっくん
りっくん
鋭い指摘できる人は本当にレアだけどね

といってもぶっ飛んだ批判も飛んでくるので気にしないのが吉

鋭い指摘でない限り、スルーでOKです。

 

まったく関係ない話を繋げてコメントしてきたりするひともいますが、全スルーしましょう。

そういうひとは、自分の思いつきを正当化したいだけで、自己満足で人にあたっています。暇人なので相手してはいけません。

りっくん
りっくん
たんなる当てつけもいるのでご注意を

おわりに「全クリエイターたち負けるな」

対処法は「気にしない」

伝えたいことは「負けないで」ですね。

 

ぼくもアンチコメントが飛んでくると落ち込みます。すこししょげます。

 

けどやめません。

なぜなら、やめてしまうとアンチたちが喜ぶからですね。

「我々のコメントで倒れたぞ」みたいな感じで。

 

そうやって喜ばすのも悔しいじゃないですか。

むしろ、そんなアンチのことを気にしてやめるぐらいなら、自分のことを好きなひとが喜ぶコンテンツ作っているほうがいいですよね。

 

りっくん
りっくん
そういう話でした。

【テンプレあり】炎上なしブロガーが教える。強い主張でも叩かれない方法...