やる気がでないときは資質にあったアクションを起こすべし

「やりたいことはあるけど、やる気がでない…」というときに読むべき記事です。

プロブロガーのやぎぺーさんたちが運営している『自分コンパス』で投稿された記事がビビるほど役にたったので記事としてシェアします。

 

自分の強み『ストレングスファインダー』の資質別モチベーションスイッチ

ストレングスファインダーで診断された上位5つの資質別で、モチベーションをあげるのに適切な行動がまとめられています。

以下、資質別の行動リストの引用です。

達成欲チェックリストを作って完了させていくこと
アレンジ1つに集中するよりも複数の物事を扱うこと
信念生きる理由や目的を確認すること
公平性ルールを決めて物事を繰り返すこと
慎重さゆっくりと考えて周到に準備すること
規律性身の回りを整理すること
目標志向目標を明確化すること
責任感他人から明確な範囲を持って任されること
回復志向問題の解決策を見つけること
活発性動いていること
指令性状況をコントロールすること
コミュニケーション人と話すこと
競争性ライバルと競うこと
最上志向高い理想を目指すこと
自己確信自分の道を自分で選ぶこと
自我重要な存在だと認められること
社交性初対面の人に会うこと
適応性同じことが続くよりも変化があること
運命志向自分よりも大きな存在の一部であると感じること
成長促進人を成長させること
共感性人の痛みを取り除いて笑顔にしてあげること
調和性争いがなく平和なこと
包含輪を広げること
個別化人それぞれの違いを見つけること
ポジティブ周りを明るい気分にさせること
親密性仲の良い人と一緒にいること
分析志向理由や原因を考えること
原点思考過去、原点を振り返ること
未来志向未来のことを心に描くこと
着想新しいアイディアを考えること
収集心ありとあらゆるものを集めること
内省1人でじっくり考えること
学習欲新しい情報や経験に触れること
戦略性あらゆる可能性について考えること

引用元:ストレングスファインダーを使って自分のモチベーションを上げる方法

ちなみにぼくの上位5つの資質はこちら。

各資質にあった行動をまとめるとこうなります。

  • 最上志向『高い理想を目指す』
  • 着想『新しいアイディアを考える』
  • 個別化『人それぞれの違いをみつける』
  • 指令性『状況をコントロールする』
  • 活発性『動く』

 

ぼくが実際にやっているやる気がでる方法

  • 情熱大陸をみる(最上志向)※やぎぺーさんと同じ
  • 本を読む(着想)
  • 鴨川沿いをひたすら歩きながら考える(着想)
  • 他のひとがやっていないことを考える(個別化)
  • 状況を文章で説明できるように理解する(指令性)
  • 試しながら考える(活発性)

思いつく方法やキッカケは上の6つ。

基本動いていないと考えられないタイプです。

歩いているほうが頭がよく回るので、どこにいくのにもだいたい徒歩。

 

やる気がでないときは、自分の資質を刺激する行動をしよう

この記事では、ぼくのモチベーションのスイッチをいれる方法についてでした。

「読んでもピンとこない」

というひとは、ストレングスファインダーの診断を受けてみて、あなたの資質と説明を合わせてみると納得できますよ。

▼この記事を今すぐSNSでシェア▼