大学生のぼくが教える思考を深掘りする3つのステップ

どうも考えることが大好きなりっくんです(@dscrx100love

  • 「思考深める、ってどうするのかわからない」
  • 「よく考えろ、ってどういうことなんだよ」

そういった悩みを持っていませんか?

 

ぼくも

  • 「考えることを文章にする」
  • 「1つのことについてよく考える」

のやり方すごく悩んでいました。

考える方法が決まっていないと、考えがまとまらなくてイライラすることも…。

 

でも、2つのツールを使いこなすことで、思考を深めることができたんです!

 

この記事では、の2つのツールを使った思考の深め方を紹介します。

これを読むと、あなたも簡単に思考を深めることができますよ。

 

思考を深めるステップは、たったの3つです

  1. アイデアをメモする
  2. ブレインストーミングをする
  3. マインドマップを作る

この3つのステップで、簡単に思考を深めることができます。

 

では、いってみよう!!

 

① アイデアをメモする

日常生活や読書中に、「誰かに伝えたいな」「誰かにこのことを教えたいな」と思うことありませんか?

そう思う事は伝えたいこと、つまりメッセージでもあります

そのメッセージを、とりあえずメモしましょう。

人間の記憶は思ったよりも持続しないので、メモしないとリアルな感情や気づきを忘れてしまいます。

 

ぼくがオススメのメモの方法は、『Trello』というサービスです。

Trelloは付箋のようにメモを書くことができ、情報を簡単に並び変えたりできます。

ぼくは、「メモ」カテゴリに一度全てのメモをいれています。

そこから

  • 使えそうなアイディア
  • しないといけないこと
  • やりおわったこと

のフォルダに分類しています。

② ブレインストーミングをする

ブレインストーミングを知っていますか?

ブレインストーミングとは、

1つのテーマについて考えをすべて書き出す

という『アイデアを生み出す方式』です。

 

ブレインストーミングをするときは、以下の2つの考えは無視してください。

  • 書き出す情報の順序
  • この情報が必要かどうか

ブレインストーミングの目的は、自分の中にある思考や感情を引っ張り出すことです。

情報の価値や必要性などは、考えないでおきましょう。

 

ぼくも記事を書くときはブレインストーミングをして情報を書いています。

アナログかデジタルか

  • 紙に書く
  • デジタルで書く

のどちらでするか悩む場合は、両方とも試してみて、シックリくるほうでやりましょう

 

③ 情報をもとにマインドマップを作る

カタカナばかりですみません。

マインドマップというのは

情報の階層化。大きいテーマから小さいテーマへと掘り下げていく発想法

ブレインストーミングの情報をもとにマインドマップを作ります。

自分の思考のマップを作るイメージですね。

 

この記事を書くときもマインドマップを作りました。

マインドマップで、情報の全体がみえるように図に変換します。

鳥が空から街を見るように、情報を遠くからみることができるのでオススメです。

 

まとめ「『考える』ことから逃げず、思考や感情浮き彫りにする」

思考を深めることは、自分自身と向き合うということでもあります。

『考える』ことから逃げてしまうと、自分の思いを誰にも伝えることもできません。

むしろ、自分ですら自分のことを知れない可能性もあります。

この記事で使用した2つのツールはこちら

  • ブレインストーミング(Trello
  • マインドマップ(xMind

アプリもありますよ

Trello

Trello
開発元:Trello, Inc.
無料
posted with アプリーチ
XMind

XMind
開発元:XMind Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

あなたもこの2つのツールを導入して、思考を深めてみませんか?

 

ではっ!!