手汗の汚れからMacBookを守る。スキンシールwraplus(ラップラス)購入レビュー

MacBook(マックブック)について調べていると、こんな記事が。

 またMacBook Proのパームレストが手汗で腐食する季節がやって来る…

 

riku
えっ、腐食?!
トラックパッド横のスペース=「パームレスト」

 

実際に腐食した様子の画像がこちら。

神経質のぼくには、自分のMacBookが腐食するなんて耐えられない。

大事なものは、いつまでも綺麗に使っていたい。

 

SPONSORED LINK

手汗が多いと、MacBookのパームレスト部分がすぐ汚れる

こうやってカタカタしますよね。

3分後

みて!!この汚れ具合。

 

わずか3分でこの汚れ。30分使ったときなんて、黒い汚れでアートができますよ。(さすがに嘘)

 

汚れたまま使うのは気になるので、使用するたびに付いている汗を拭き取っていました。

 

汚れを防ぐものを探した結果「スキンシール」にたどり着いた。

riku
パームレスト部分を汚れないようにするもの、売ってないかな

「MacBook 12インチ パームレスト シール」

と調べてもありませんでした。

 

正確にはあるんですが、在庫がなかったり製造停止が多い。

在庫が入るまで待てばいい話ですが、ぼくは汚れゆくMacBookを放って置けなかった。

 

そしてたどり着いたのが、「スキンシール」というもの。

シールなのに、MacBookの見た目を大きく変えられるという代物。

引用元:公式サイト

riku
これだ!!!!!!!!

 

MacBookスキンシール「wraplus for MacBook 12インチ」を開封

 

デザインは「ブラックカーボン」を選びました。かっちょいいい。

 

裏面はこちら。 

 

パームレスト部分のシールもしっかりあります。これ目的で買ったといっても過言じゃないからね。

触り心地は、きめ細かい畳のような感じ。シール感は一切ないです。

 

MacBook12インチは、端っこにほとんど丸みがないので、ドライヤーは不要でした。

 

MacBookの見た目が変わる前に、記念撮影

シールを剥がすまで、シンプルな状態のMacBookを拝めなくなるのでパシャり。

 

スペースグレイいいね〜〜〜〜。漆黒感が痺れる。

 

シールを貼り付けた後と比較したいので、開いた状態と背面もパシャり。

 

貼り付ける風景は生配信

ミニ三脚にiPhoneをつけ、Periscopeで配信しました。

 

 

とりあえずね、貼り付けるのめちゃくちゃ難しい。

保護フィルムを貼り付けるのが苦手な人には向かないかも。ピッタリに設計されているのでかなりシビア。 

 

MacBookがスキンシールを身にまとい、さらに美しく変化

 

我ながら完璧に貼れたと大満足です。

 

パームレスト部分のシールも完璧

これで汗の汚れを気にしなくなると考えると気が楽です。

 

汗でシールが剥がれないのか? 

スキンシール素材は3M社製の高級素材を採用。耐久性に優れ、貼付け時に気泡が残らず、剥がす際にも粘着ノリが残りません。
引用元:wraplus for MacBook Amazon

とのこと。

数ヶ月間使ってみて、シールの変化など感想は後日記事にします。

今のところ剥がれそうな感じはない。いいね。

 

背面をピッタリ貼るのはかなり難しい

ピッタリ貼れているように見えますが

 

ゴムの部分が少しずれています。

 

反対側はぴったりなので、ちょっとした誤差レベルなのかな。

メインの目的はパームレスト部分のシールだったので、気にしない。 

 

MacBookのスキンシールを購入して、神経質なぼくは幸せになった

 

 

パームレスト部分のシールが目的だったのに、本体までかっこよくなっちゃってラッキー!

 

MacBookスキンシール「wraplus for MacBook」はこんな人にオススメ

  • 手汗でパームレスト部分が汚れるのが嫌
  • 分厚いケースはつけたくないけど、本体を保護するものが欲しい
  • MacBookの見た目を気分転換に変えてみたい

シールなので、MacBook特有のスリムさが損なわれることはありません。

 

以上、MacBookチルドレンのリクのレビューでした。

カラーバリエーションも豊富で31色もあります。一度みてみるといいですよ。

  

 

ではっ!!

SPONSORED LINK