【2日目】ヒッチハイクで京都から広島へ!目的のお好み焼きへ

昨日に引き続き

広島焼き(広島風お好み焼き or お好み焼き)を食べに、広島目指していきましょう。

 

SPONSORED LINK

朝  やはり起きられない

9時からスタートしようと計画していたが、起床時間が9時。

アラームもずっと鳴っていたのに起きない。笑

 

12時間パックについていた特典で、朝ごはんと牛丼をいただきました。

 

漫画喫茶を後にし、スタート。

と思いきや、ぼくがトイレにいきたくなったので、近くにあるトイレへ。

 

 

ピアノの音で腸が活発になったのか、友達も腹痛を催す。

 

トイレを終え、ヒッチハイクを始める。高速道路に乗らないといけないので、スケッチブックに「IC」とだけ書いて、よさそうな場所を探し歩いていました。

路側帯がある場所をみつけ、スケッチブックを掲げると、

すぐ乗せてもらえた。

地元が岡山の方で、奥さんを送った帰りだったらしい。

 

 

無事、吉備SAに着くことができた

ここは、本当に人も車も多く、すぐいけると確信しました。

ヒッチハイクを始める前に近くで休憩。

桃太郎伝説について書かれていました。

 

記念撮影も撮りました。笑

 

休憩も終え、ヒッチハイク開始。

2日目にもなってくると、運転手さんの反応で、県民性がわかってくるんですよね。笑

目線すらあわせてもらえないことが多いので、ショックを少し受けます。

 

 

riku
う〜ん

 

riku
きついね〜

くるっ。

 

熱中症にもならないように、5分ごとに交代してヒッチハイクしていました。

 

リアルタイムでヒッチハイクの様子を配信していると….

 

乗せてもらえる瞬間を撮ることができました。

運転手さんにもみせると、「乗せてもらえる瞬間撮れることなんてなかなかないね〜。」

 

notteco(のってこ!)というサービスで、集まったメンバーの中に混ぜていただきました。

なんと、行き先も同じで広島。運がぼくたちを味方に。

 

「お昼食べた?」と気をつかっていただき、おにぎりとサンドウィッチをくれました。日本人サイコウ。

 

目的地である広島県に突入!

 

最終目的のお店を急遽変更

と思ったが、お店が14時半に閉店。早すぎだよ〜。

 

 

原爆ドームにも行ってきました。

 

友達は、実は噴水好き。(見かけると少年になる)

 

お店が人気で、よく混むと聞いていたので、早めの晩ご飯。

 

従業員に美人さんがいて友達が喜ぶ。

大島優子さん似。声もそっくり。

 

このタイミングで、友達の高校時代の友達が広島に住んでいることがわかり、泊めてもらうことに。

 

ヒッチハイク旅の目標であるお好み焼きをついに!!!!

目の前で作っているところを見る。

 

そして

 

ようやく!!!!!

 

麺とお肉の相性と、程よい硬さがめっちゃよかった。

  • 長田焼(オリジナル)
  • スペシャル焼
  • 海鮮焼

の3枚を2人で食べました。

 

食事後、散歩がてら広島平和記念資料館へ。

 

「あっ!!!噴水や!!!」とテンションが上がる友達。

 

目的地について、落ち着くとどんどん実感が湧いてきました。俺らってすげぇ(喜び)

 

スマホ用の魚眼レンズもってきてて、本当よかった。こうやって記事を書くのも楽しくなる。

 

商店街の中に入り、いろいろなお店を回る。

 

 

友達を待っている間、長時間露光で写真を撮って遊んでいました。

 

夜の原爆ドームは、ライトアップされていて、厳かな雰囲気がでていました。

 

今日の宿である友達の友達の家へ

 

シャワーを浴びさせてもらい、1日目と同じように、MacBookとモバイルWi-Fiを起動し記事を書き始める。

 

2日目を終え、さらに人の優しさを感じました。みんな安全と成功を願ってくれる。

今は、言葉にできないけど、ヒッチハイクを通して感じた、人の優しさがこの記事で少しでも伝わるといいな。

 

ではっ!!!!!

 

お好み焼きの名称を間違えていた

 

好奇心旺盛な人はなんでもするべき

やってみたいなって思ったら、後先考えず行動することをオススメします。

ぼくはそうやってMacBookを手に入れ、ヒッチハイクで広島まできました。

SPONSORED LINK