ヒッチハイク旅のツイート実況を絶対するべき理由は2つ

どうも、ヒッチハイク旅を4日間行ってきたリクです。   ぼくは、旅行中すべての出来事や感じたことをツイートしていました。 これには2つ理由があります。

  1. 忘れないために記録
  2. フォロワーさんに旅しているような感覚をプレゼントするため。

今回をこの2つのお話。

SPONSORED LINK

旅行から帰ってきてからだと、感じたことや細やかな出来事をリアルに思い出すことはできない

どこにいっただとか、なにをしただとかは思い出せますよね。 重要なのは、体験して思ったことなどは、そのときでなければ文字にできない。 帰ってからでは遅くて、そのときの気持ちは、そのときにしかわからないものなんです。

 

フォロワーさんにも旅行しているような感覚をプレゼント

状況をリアルタイムでツイートすることで、フォロワーさんにも一緒に旅行に行っている気持ちにしてあげられます。   友達も 「ツイートみてたら自分も行っている気分になったわ」 と電話でいっていました。やったぜ。   LINEでも面白いとメッセージが。   ツイッターのDMでも感想をいただきました。  

ツイッターなどで配信していることを教えることで運転手さんと繋がることができる

友達がタオルを車の中に忘れたことを、わざわざ連絡してくださりました。 ツイートをしていないとこんなこと起こりえないですよね。   PAでぼくたちを見かけていた方も、ツイッターにて応援のメッセージを。

  運転手さんがブログをやっていると、こうやって記事をシェアすることもできる。

ぼくはできるだけ、乗せていただいた方には、ツイッターやブログで出来事などを配信していると伝えていました。 半分ほどの方は、「ツイッターのアカウント教えて」と訪ねてきます。  

ライブ配信でヒッチハイク成功の瞬間を記録することができた

riku
少しだけヒッチハイク風景をライブ配信してみよう
と思った矢先に、ヒッチハイク成功したんですよね。 その瞬間をどうぞ〜。

こうやってライブ配信中にヒッチハイク成功した人も少ないのでは?   こうやって配信することは、ほとんどデメリットがない。 配信に夢中になって、旅行を楽しめないのであれば本末転倒ですけどね。笑 その辺は程よく、適度に。   ツイッターのフォロワーも12人ほど増えました。ありがとうございます! これからもこのようなSNSを使った配信を続けていくつもりです。   ではっ!!!!!!

 
SPONSORED LINK