【便利】おすすめのデスクライトをレビュー。色温度も変えられて目に優しいしスマホ充電も可能

ぼくが使っているおすすめのデスクライトのレビューです。

ネット上で「どのデスクライトがいいのかな」と思って検索しても、公式の写真ばかり使っているページばかりで参考にならないですよね。

「使用感とか実際に撮った写真で知りたい」という方に向けて、できるだけ画像を使って紹介します。

りっくん
りっくん
いいな!と思ったらリンクから購入してくれると嬉しいな!

▼この記事で紹介するデスクライト

便利で目に優しいオススメのデスクライト

▲超便利なデスクライト

 

質感は硬く、さわるとひんやりしています。

▲フルメタルデザイン

 

高さは「69cm」ですね。(iPhone機能調べ)

▲デスクライトのなかでも高め

 

パソコンを上から照らしてくれるので作業環境をよりよくしてくれます。

りっくん
りっくん
見た目がかっこいいからすでに良い

イチオシポイントは「タッチ操作可能なパネル」

このデスクライトのイチオシポイントは、なんといっても「タッチパネル」です。

▲タッチパネルが便利すぎる

左から順に

  • 電源のオンオフ
  • 色温度を暖かくする
  • 色温度も冷たくする
  • 明るさや色温度を保存する
  • 60分オフタイマーをセット
  • ナイトライト

ちなみに、上にある太陽のアイコンは「明るさ調整」です。

 

特に知っておいてほしい機能をサクッと紹介していきますね。

りっくん
りっくん
色味の違いの写真も貼っているよ!

明るさは6段階で調節可能。指スライドで変更

このデスクライトは明るさを6段階に変更可能です。

 

そして「スゴイ!」と思ったのが、指スライドで変えられることですね。

何回もタッチする必要はなくて、視覚的にどのぐらいの明るさにするのかを確認できます。

りっくん
りっくん
個人的に超助かる

5種類の色温度に変更可能。状況に応じた色味に変えられる

デスクライトあるあるなんですが、ライトの色味が変更できなくて目が疲れるんですよね。

「今は目が疲れているから暖色にしよう」と体調にあわせられない。これだと不便。

 

そんな問題も解決してくれるのがこのデスクライトですね。

最大5段階に変更可能で、好きな色味にできます。ぼくは暖色が好きです。

▲色温度別に並べてみました
りっくん
りっくん
ぼくは上から2番目か3番目の色味で使っています

夜の読書のお供「ナイトライト」

ぼくはまだ使ったことがないのですが、寝るまえの読書に使う「ナイトライト」があります。

▲本当にちょっとだけの光

手元だけを照らす、最小限の明るさですね。

りっくん
りっくん
使うことがあったら追記しますね

ライトの角度は高さだけでなく、斜めにすることも可能

明るさ調整、色温度調整、と非常にありがたい機能がついているデスクライト。

 

さらに個人的に助かっていることを紹介しておきます。

それが【ライトの角度まで変えられる】ことです。

 

このデスクライトは、高さはもちろん、ライトの角度も変えられます。

▲この2箇所で角度を調節します

 

ライトの角度は左右90度まで曲がります。

▲手前側90度に向けたり
▲外側90度にも向けられます

 

正直、ライトが手元を直接照らしていると目が疲れちゃうんですよね…。目が光に弱くて…。

 

ライトの角度をすこし外側にし、直接目に当たらないようにすると快適です。

▲壁にライトを当てるイメージ
りっくん
りっくん
ライトを真下に向けると目が痛い

さらに!USBもさせるのでスマホの充電もできる

ツイートで紹介したときに書くの忘れていたのですが、地味に便利なので追記。

 

このデスクライト、なんと「USBの差込口」があります。

そうです。スマホの充電もできるデスクライトなのです。すごすぎん?

▲横に1つUSBポートがあります

デスク周りでスマホを充電したい。けどコンセントが遠い。

という環境のとき、とてもとても助かりますよね。ぼくがまさにそれです。

りっくん
りっくん
コンセントとしても使えるデスクライトって万能な子や…

おわりに「明るさ、色温度、角度、スマホ充電などなど、すべてを兼ね備えたデスクライト」

と、褒めに褒めまくって締めますね。

 

正直、あまり批判するポイントかなくて困っています。笑

嘘をついていると思われるの嫌じゃないですか。

もちろん、発信で生活している身なので嘘をついたりはしません。ご安心ください。

 

このデスクライトは便利だけでなく、見た目がスマートなのでなかなか気に入っています。

ふだんはデスク周りのレヒューなどを書いたりしないのですが、気に入ったので記事にしました。

 

りっくん
りっくん
「いいね!」と思った方は、以下のリンクからチェックしてみてね!