開け方が特殊な貯金箱に5年間、お釣りだけを貯金した結果を紹介するよ


買い物のときに、意識しないと増えてくる、小銭

今回はぼくが5年間でルービックキューブ型の貯金箱に貯めた小銭たちを数えるよん。

 

SPONSORED LINK

ルービックキューブ型の貯金箱

一時期、ルービックキューブにはまっていました。その時に購入した

ルービックキューブ型の貯金箱

ルービックキューブに関しての記事はこちら ↓

全世界の6%に入らないかい?ルービックキューブ6面揃えるのは誰でもできるって話

2017.01.21

これ結構面白くて、このサイズで貯金もできて普通にルービックキューブとしても遊べるんです。(重いけど)

実際に動かすとこんな感じ ↓

まあまあスムーズ。

 

黄色の面から小銭を入れられるようになっていて、開けるときは緑の面を揃えないといけない

セキュリティ面ではかなりおすすめ。そもそも貯金箱ってばれない

これごと持っていかれたらアウトだけど笑

アンティークとして置いても結構おしゃれ。

 

買い物のたびに出てくる1円と5円を無意識に入れていた

買い物してお釣りで1円玉や5円玉がでると、無意識にこの貯金箱にいれてました。

まあその理由が

小銭はできるだけ持ちたくない

所持金を把握してなくて小銭が財布にたくさんあると、お金がいっぱいあるような錯覚になりませんか?

その感覚のせいでお金を浪費してしまうのが怖い

けど、小銭を増やさないように努力していなかった

財布内の小銭を増やさないように、買い物するときに工夫してお金をだせば問題ない

けど、昔のぼくはそうしなかった。

riku
260円か。小銭合わせるのもめんどうだし、500円玉でいいか

 

最近は意識して、1円と5円を増やさないようになりました。

 

いざ、オープン!

一瞬であけるぞ~。

わずか3秒。早いでしょ?笑

riku
ふんっ!ふんっ!

と「スラムダンク」の「フンフンディフェンス」みたいに必死に振って中身をだしました笑

 

引用元:「フンフンフンフンフン・・・」(フンフンディフェンス)

全体写真はこちら

この貯金箱にこんなにも入ってたのね。多いな…。

こう掴んでみると、謎の優越感が…。

 

重さをはかってみよう

まず、貯金箱から

次は小銭たち

 

貯金箱小銭たち
345g489g

合計は

345g + 489g = 834g

おおよそ1kg近く。

このルービックキューブで練習してたら、頭と筋肉の同時筋トレですやん

ぼくが愛用しているルービックキューブの重さと比較してみる。

貯金箱愛用
834g91g

834 – 91 = 743g

差は743g

重いな~。

大雑把に言うと、普通のルービックキューブ10個分の重さ

数えていくよん

 ジャラジャラジャラ。

集計結果

1円玉5円玉10円玉1セント玉
373枚27枚1枚1枚
373円135円10円約1円

合計は

373 + 135 + 10 + 1 = 519円

ん?

おっ?

500円分もある!

うぉおおおおお!

1円玉の圧倒的多さ

あと、昔に何かの機会でいただいた1セントが入っていました。


以上、集計結果でした!

これ全部100円玉だったらいいのにな。(タラレバ)

後日、小銭たちは郵便局・銀行で両替

1円玉でこれだけもっていても使えないので、郵便局・銀行で両替してもらいます

スライムみたいに合体して太って返ってくるわけですな。(500円玉)

おわりに

  1. ルービックキューブ型の貯金箱は案外たくさん入るし、開け方が特殊だからセキュリティ面でもおすすめ
  2. 最終合計は834g519円
  3. 貯まりすぎた小銭は郵便局・銀行で両替しよう

 

小銭はあまり貯めすぎないように気を付けないといけないですね。

どれだけ自分が所持しているのか曖昧になってしまって、浪費してしまう可能性がある。

よし。

財布の中をミニマムにしよう。

 

ではでは。


今回ぼくが紹介した貯金箱はこちら ↓

 

おまけ

Youtubeでとてつもない貯金の動画を見つけました。

500円玉のシャワー

 

SPONSORED LINK