子供のチャンスを摘み取る親たちへ。

どうも、瞬間男子りっくんです。

 

突然ですが、親から禁止されたことってありますか?

「○○はしちゃダメ」と行動を抑制された経験って、一度はあると思います。

 

今回の話は「子供のチャンスを摘み取る親たち」に聞いてほしいです。

いまお子さんがいる方は参考にしていただけたら嬉しい。

まだ結婚もしていない方は「注意しよう」ぐらいに頭のなかにおいておくといいでしょう。

りっくん
りっくん
では、いってみよ〜!(生意気注意)

ガラケーでもアナログでブログを書く14歳

先日、東京で会った14歳の女の子「かるはだちゃん」はスマホをもっていません。

 

まぁ、スマホがないのは別にいいとして、パソコンすら触ることをほぼ許されてないらしいんですよね。

そんななかでも、かるはだちゃんには「ブログを書きたい!」という気持ちが強くあり、ノートというアナログな手法で書いています。

いや、これって正直めちゃくちゃすごいなと思いまして。

スマホもパソコンもあるのに生産活動をしていないひとって多いじゃないですか。ツールの持ち腐れというか。

 

親からの制限がキツイらしい

いや〜めちゃくちゃ厳しいですよね…。

アニメなんて日本の宝だし、この時代にネットリテラシーを育てるキッカケを潰すのはもったいないし、一人暮らしもシェアハウスも実家よりも良い経験できるはずです。

ぼくの実家はめちゃくちゃ自由で「家に一度は帰ってきたらいい」ぐらいだったのですが、さすがに上記の条件は厳しすぎると感じたので思うことを少し。

りっくん
りっくん
パソコンあげるよと提案したのですが親からの圧力が怖いらしい…

子供の「やりたい」を摘み取る親たちへ

さて、親たちはこのブログを読んでいるのかな??

喧嘩したいわけではありません

 

たまにいるんですよね。あれもこれもダメって制限かけてしまう親さん。

 

正直、それ子供の才能を潰しています。

なぜかっていうと、子供の時代に経験をすればするほど、成長と共に爆発していくからですね。

 

たとえば、若いうちに留学をすると新しい価値観に触れられて、人生の見え方が変わります。

もし「留学なんかしちゃダメ!」ととめてしまっていたら?

その子供は新しい価値観に触れる機会がなくなり、アップデートされなくなります。

 

わかります。かわいいお子さんをトラブルに近づけたくないんですよね。

愛情を注いでいるからこその行動だと思うんですけど、やめてあげてほしい…。

子供がやりたいといっていることはやらせてあげてください。

事前にわかる「起こりうるトラブル」に関しては、親から教えてあげたらいいじゃないですか。

そのために親が存在するのだから。

 

また、親が子供の挑戦を制限ばかりしてしまうと、とある弊害が生じます。

それは【挑戦しないクセがついてしまう】ですね。

小さなころから「親の許可がないとしたらダメ」という考えになってしまうと大きくなったときに苦労するのはお子さんなんですよね。

 

行動した結果の責任は「行動した本人」が受け取るものです。

失敗するかもしれないけど、経験が増えるからいいじゃないですか。

そんな成長のキッカケを親が潰すのは違うなと思うわけです。

まさにアドラー心理学の「課題の分離」なので、親たちは『嫌われる勇気』を読みましょう。

>>>【参考】Amazonで「嫌われる勇気」を2.5%オフで買う方法

可愛い子供だとしても挑戦できる機会はあげてほしい

わかるよ!わかる!可愛いからこそとめちゃうんだよね。

けどね、やりたいっていってるならやらさせてあげてほしい。

せっかく行動する意欲があるのに、その機会があるのに、そのチャンスを親が潰してどうするんですかって話です。

 

以上、20歳の若造から、生意気なメッセージでした。

ぜひツイートとかで感想を教えてくださいな。URLを貼っていただけると反応しやすいです。

りっくん
りっくん
ではでは…!

 

【追記】記事に対していただいたコメントまとめ