ブログを書かないでいると不安になってしまう。

フクロウに振り向かれてびっくりしているりっくんです。

ブログでは超お久しぶりです。

 

今回の記事はSEO、いわゆる検索エンジンで上位に表示させるためではありません。

ぼくの、りっくんの意見としてどうぞお聞きくださいな。

 

ブログを最近書いていないひと、書いているひと、どちらにも通ずる話かと思いますのでぜひ。

りっくん
りっくん
日記みたいなものかもしれん

2019年4月以降、ブログを書かなくなっていた

まず、これをみてください。

ほとんど書いていない…!

これでブロガー名乗ってるの恥ずかしくなってくるぐらい。

 

基本的にリライトなど、手を加えてはいるものの新しい記事は書いていませんでした。

いや、まじでブロガーとか言っててごめんなさい…。

 

理由はシンプルに2つ。

  • YouTubeチャンネルに動画を投稿していた
  • そこから写真にハマっていた

YouTubeで好きなように動画をアップし、いまでは登録者が3,400人ほど。Vlogとかアップしてるからぜひみてみてね。

 

そしてカメラを譲りうけ、写真にドハマリ。8月中旬から今まで写真のことしか頭にありません。

 

このように、動画作ったり、写真撮っていたりするとですね…

ブログ書かなくなってしまったわけです。

りっくん
りっくん
文章めっちゃ久しぶりに書いてる

ブログに飽きたわけではない

「ブログは飽きた!」ってことでもなくて、シンプルに時間の使い方を大幅に変えてしまいました。

 

前までは「今日なに書こうかな?」と考えていたのに、最近だと「どんな写真撮ろうかな?」なんですよね。

 

そして、ぼくはめちゃくちゃ不器用です。

1日にいくつものことができなくて、まじで特化的な毎日を過ごしています。

  • ブログの日
  • 動画の日
  • 写真の日
  • 彼女の日

みたいな感じ。1日に1つのことしか考えられないんです…。

だからこそ結果をだせるのかなとも思っているんですけどね(バランスとりたい)

りっくん
りっくん
なにかにハマるとそれに全時間を使ってしまうクセがあるんだよね〜

やはりブログを書いていないと違和感がある

これまでに約300記事を書いてきたぼくですが、いざブログを書かない日常を過ごしていると

「あれ、なんか足りなくない????」

って感じます。中毒者か。

 

以前までは経験したことを爆速でツイートし、そこから記事にまとめていたのにそれをしなくなる。

つまり、自分の「軌跡」が途絶えてしまうんですよね。

ツイートはしているんですけど、どうしても流れてしまう。

すべて動画にするのは制作時間を考えるとスピード感がない。

 

スピードがあり、ストック性があるのはブログしかないのです。

そのブログを書かなくなったぼくは、日常での充実感を失ったように感じていました。けっこう本気で。

りっくん
りっくん
書かないと2ヶ月前に自分がなにをしていたか思い出せないんだよね

ってことでこれからブログを復活します【宣言】

見出しのとおり、ブログを復活します。

 

そして運営方針をすこしリニューアル。

これまでは検索上位を狙った記事しか書いていませんでした。

これからは、もっと自由にこういう記事も書いていきたいなと思います。

 

ブログってそういうもんだからな??!?!?

自分の好きなこと書いて、だれが読んでるかわからないけど、誰かには共感してもらえる。そういうのがブログだかんな??!?!?!

 

りっくん
りっくん
ってことで好きなように書いていきまする

おわりに「ブログなんて書きたいときに書けばいい」

巷では「ブログは毎日更新しないとだめ」みたいな意見もありますが、ぼくはみんながみんなそうではないなと思っています。

 

そもそもブログは「日記」みたいなものでしたし、書くも書かないも書き手の自由なんですよね。

もちろんアフィリエイトでの結果をだすなら、継続的な執筆は必要かもしれないけど、必須要素ではないよなと。

 

別に書かなくてもだれにも怒られないし、書いたところで直接的に感謝されることはないかもしれない。

ようするに、書きたいことを書きたいときに、好きなように書けばいいと思うって話ですぜ。

 

ではでは。