バイト大嫌いなブロガーが各バイトの特徴を紹介する。飲食、接客、作業


 

バイトどんなやつやろうかな~

そう悩んでる高校生に向けて、それぞれのアルバイトがどういったものか紹介します。

 

最後には三項目で、それぞれどういったアルバイトか視覚化しています。

全ての職場に当てはまるといったことではないです。あくまで僕が働いてわかったことを書いていますのでお許しを。

アルバイトの種類は大きく分けて3種類

  • 飲食系
  • 接客系
  • 作業系

僕は高校生の間、これらをすべて経験しました。

その経験をもとに、それぞれの仕事の特徴を書きます。

 

飲食系

僕は高校1年生から高校2年生まで働いていました。

飲食系は基本的に夜が忙しく、シフトも夜が多く、17時~22時がメイン。

日曜日や祝日は、さらに忙しくなるため、昼前から夜まで、といったシフトもある。

 

特徴
  • 従業員内での人間関係が重要
  • 汚れるのはあたりまえ
  • お客さんのありがとうがうれしい
  • 切り替えの早さが必要
  • 夏場はアホみたいに暑い

 

従業員内での人間関係が重要

他の種類のアルバイトと比べ、協力が必須なのでかなり重要。

仕事がホールとキッチンで2チームに分かれていて、同じチームになった人と仲良くないと、仕事のしにくさが半端ないです。

作業から手を離せないときに、頼んでもしてもらえないという、一種の嫌がらせが始まることもしばしば。

 

協力しあわないと仕事は大変だよ!

 

汚れるのはあたりまえ

お店にもよりますが、キッチンで働いているとあたりまえですね。

食材の破片がついたり、濡れたりするので、帰ってからはすぐに洗濯しないとものすごく臭くなります。

 

お客さんのありがとうがうれしい

どんな仕事をしていてもお客さんの「ありがとう」はうれしいもの。

が、ぼくが経験してきた中では、飲食系で言ってもらえる「ありがとう」がうれしいです笑

お客さんが帰るときに

美味しかったよ!ありがとうね!

といった言葉を言ってもらえると、疲れがすべて吹っ飛びます。

 

切り替えの早さが必要

飲食系に最も必要なスキル。

お客さんが注文したものを瞬時に準備し作り上げる。

それまで全く違う作業をしていても関係なく、お客さんを待たせないように切り替えないといけない。

ですが、そのおかげで何に対しても切り替えが早くなります。

 

夏場はアホみたいに暑い

これなんですよね。

仕事だから文句は言えないが、暑すぎる。

クーラーを付けているお店も多いが、ぼくが働いていた場所は、鉄板で焼くのがメインだったのでとても暑かったです。

目の前の空間が、熱気で少し歪んで見えてました笑

 

接客系

僕は高校2年生の間、働いていました。

飲食系とは異なり、昼間が忙しく、時間帯としては11時~17時というのが多かったです。

飲食系と比較すると、お客さんの数は少ない。

その代わり、商品などの一個一個の単価が高いため、お店として成り立っているみたいです。

 

特徴
  • 言葉遣いに気を使う
  • 年配の方が多い
  • 清潔感が重要
  • お客さんがいないと退屈

 

言葉遣いに気を遣う

接客ってこともあり、適切な言葉を使わなければならない。

言葉の話になると長くなるので、他の方の記事を貼っておきます。

 

年配の方が多い

どこでもそうかと言われれば、そうではないかもしれないですが。

よく観察してみると、お客さんの大半が年配の方でした。

少子高齢化の問題が絡んでいるのかな?

なにより、仕事としては年上の方と話を合わせられないと、かなり厳しいです。

 

清潔感が重要

お店にきていただいたときに、第一印象が悪いと、そのあとの事の運びようが難しくなります。

容姿がいいとかいう問題ではなく、「清潔感」の問題。

  • 髪の毛はぼさぼさになっていないか
  • 服は乱れていないか

といったことですね。

 

お客さんがいないと退屈

他の仕事と比べ、お客さんがいないとすることが激減。

 

ぼ~っすることもできないし、お客さんいないからやることないな~

 

となることもよくあります。

それでも気は抜けないので、時間を浪費している感覚になります。

個人的にはその時間が一番嫌いでした。

 

作業系

現在(2017年1月)、ぼくがしているアルバイトです。

「作業系=ベルトコンベヤー」という前提。

 

特徴
  • 人との関わりが薄い
  • 慣れると邪念がでがち
  • 単調作業に慣れる
  • 病気になりにくい
  • 汚れない
  • 腰がいたい

 

人との関わりが薄い

飲食系と対称的です。

僕の働いているところでは、「目」以外ほぼみえないので、名前をみないと誰が誰だがわかりません笑

短期バイトなどが多いため、人の入れ替えが激しく、一人一人に注意が向けられいない。

たまに

あれっ?ぼくいますよ~。います…よ。

と、自分の存在が消えているような感覚になることがあります笑

 

慣れると考え事(邪念)しがち

ベルトコンベヤーのスピードに合わせて作業をするので、最初は必死になります。

慣れて無意識にできるようになると

明日、どんな記事かこうかな。

と、考え事(邪念)しがち。

気を抜いてやばくなると

(集中しろ、おれ!!!!)

と自分を喝します笑

 

単調作業に慣れる

ベルトコンベヤーのスピードに合わせて、ひたすら食材を詰めていったりします。

たまに

「卵」ってなんだっけ?

と、一種のゲシュタルト崩壊になります笑

小学生の宿題で例えるなら、「漢字の書き取り」。

(めっちゃ嫌いやったな~。あの宿題。)

 

病気になりにくい

食材関連の食材系に限った話かもしれないです。

室温は常の19℃なので、寒くも暑くもない。

作業場に入るまでに

  1. 「目」以外を服などですべて覆う
  2. 粘着クリーナーで服のほこりを取る
  3. ナイロンのエプロンを付け、ほこりを飛ばす個室?(風が吹く)に入る
  4. 手洗い場で手と爪を洗う
  5. ゴム手袋をつける

結果的には、ほこりなどとは無縁の環境。

そのおかげで、インフルエンザなどにはかからなさそうです笑

 

汚れない

前述の通り、「目」以外覆います。

手袋もつけているので、汚れようがない。

服もほぼ汚れないので、飲食系と真逆で洗濯の心配はないですね。

 

腰が痛い

これは僕の背筋不足です。はい。

ずっと前かがみで作業するので、定期的に動かしてあげないと腰が死にます笑

背筋鍛えないとな~(真顔)

 

まとめ

それぞれのアルバイトを僕の独断と偏見で評価をまとめます。

評価項目
  • 人間関係の必要度
  • 肉体的疲労度
  • やりがい度

 

飲食系

 

接客系

 

作業系

 

これからアルバイトを始めようとしている方に参考になればいいな。

どこもかしこもこんな感じだとは限らないですが、雰囲気だけでも伝わればよしです笑

 

ではでは